2021年01月24日(日):第13回サイエンスフェアin兵庫への参加(No.1,042)

 科学好きの高校生と企業・研究機関等とが発表等を通じて交流を図るイベントとして、毎年恒例で行われてきた「サイエンスフェア兵庫」ですが、今年は、コロナ禍の影響でオンライン開催となりました。
 KNSとしても、これまで、出展ブースでの高校生との直のやりとりを通じて、いろいろなサイエンスの生かし方と“おっちゃん”達の生き方を感じとってもらおうと参加してきましたので、寂しい限りというか、KNSの強みを発揮できないわけですから、参加する意義があるのかは問われるところです。
 なのですが、ここは、逆にオンラインで何ができるかという可能性を見いだしたいと思い、参加することとしました。
 そこで、2人のスピーカーが発表動画ファイルを作成してYouTube へupします。
 1/24から2/22までの期間、参加者に閲覧され、質問も寄せられる、とのことですので、新たな形での交流を楽しみたいと思います。

         記

●日時: 2021年1月24日(日) 10:00?15:00
      オンラインによる特別講演・サイエンスカフェ
     2021年1月24日(日)?2月22日(月)
      発表ファイルの公開・質疑応答

●会場: WEBによる開催

●内容
 ・高校生・高専生による発表(1/24-2/22発表ファイルの公開・質疑応答)
 ・企業・大学・研究機関等による発表(1/24-2/22発表ファイルの公開・質疑応答)
 ・若手研究者による特別講演(1/24オンライン講演)
 ・大学院生・大学生による高校生との交流(1/24オンラインによるサイエンスカフェ)


<サイエンスフェアin兵庫とKNSについて>
 KNS の有志メンバーは、スーパーサイエンスハイスクール(SSH) の主旨に賛同し、2014年2月より「サイエンスフェアin兵庫」に参加してきました。
 SSHとは、高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組を推進するものです。その中で、「サイエンスフェアin兵庫」は、兵庫県内のSSH 指定校による高校生・高専生の科学技術分野における研究や実践の拡大・充実・活性化を目指した発表イベントです。
 具体的には、高校生等の研究発表とともに、研究開発や製品化に取組む大学・企業・研究機関が出展し、高校生が科学技術の利用や活用に触発される機会を提供しようとするものです。要は、科学好きな高校生と大学・企業関係者との交流を図ろう、というイベントですから、プログラムには、大学・企業等と高校生、それぞれによるポスターセッションの時間帯が設けられています。このポスターセッションに、KNS有志が参加したわけです。

※サイエンスフェア兵庫については、コチラ↓
http://www.hyogo-c.ed.jp/~kobe-hs/

※今回は他主催のイベントへの参加ですので、下記フォームからは参加申込はできません。お気を付けください。

参加ご希望の方は、交流会参加の有無を併せて下記「参加申込フォーム」をクリックしてお申し込みください。

このページの先頭へ

Copyright (C) 2020 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み