2020年02月21日(金):コミュニティスポット2525 Vol.56(No.1,010)

KNSでは、阪神電気鉄道株式会社さんと協働で、国内外で活躍する産業振興やまちづくりのキーマンを大阪にお招きし、KNSメンバーや関西の思いのある仲間とコミュニケーションを拡げる「コミュニティスポット2525」を開催しています。
 国際協力機構(JICA)は1980年代のシンガポールへの協力を皮切りに、開発途上国でカイゼン・プロジェクトを実施しています。また約10年前にエチオピアでサブサハラ・アフリカ初のカイゼン・プロジェクトを開始し、今ではアフリカ8ヵ国で協力を展開しています。途上国開発でカイゼンは企業支援のみの文脈で行われているわけではなく、職業訓練、保健医療(「きれいな病院」など)、生活改善、労働者保護といった分野でも導入されてきています。こうした取り組みについて、大野さんからお話しいただき議論を深めていきたいと思います。なお、大野さんには、翌日のKNS定例会では、SDGsをテーマに基調講演もしていただきます。
 どなたでも参加できますので、皆さんのお越しをお待ちしています。

日時:2020年2月21日(金)19:00 - 21:00
場所:ハービスプラザ5階会議室
   大阪市北区梅田2−5−25 ハービスOSAKA 5階 
    http://www.herbis-kaigi.com/room/plaza_5f.html

テーマ:途上国へのカイゼン導入・普及支援:エチオピアの事例を中心に-
話題提供者:大野泉さん 独立行政法人 国際協力機構(JICA)研究所 研究所長
(プロフィール)
津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、1987年プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール公共政策大学院修士。国際協力事業団、世界銀行、国際協力銀行、政策研究大学院大学(GRIPS)教授などを経て、2018年10月より現職。GRIPS客員教授を兼任。専門は国際開発政策、日本の開発協力。

参加費:1,000円(運営協力金)+交流会参加の場合は実費(3,000円程度)

申し込み:下記のエントリーフォームにてお申し込み下さい。どなたでも参加いただけます。

参加ご希望の方は、交流会参加の有無を併せて下記「参加申込フォーム」をクリックしてお申し込みください。

このページの先頭へ

Copyright (C) 2020 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み