関東支部」の活動報告一覧

«New || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Past»

2020年11月26日(木):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.40(リアル・オンライン併用)

活動報告

2020年11月26日(木)、関東支部ミニ井戸端会議(Vol.40)を、盛岡市東京事務所で開催いたしました。
今回は、関東支部世話人の皆さま、ご協力者の皆さまに参加いただき、「関東支部ミニ井戸端会議の予定について」をテーマに参加者全員で熱く語り合いました。

今回は新しいメンバーでの第1回目の井戸端会議になりますので、まず全員から自己紹介を行い、改めてお互いの顔・声そして人となりを確認いたしました。
その後、当面は1月-3月までの日程、会場、話題提供者をどうするかを意見を出し合いました。
その結果、
〇日程については「調整さん」で調整することに決まりました。

続きを読む

2020年10月17日(土):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.39(リアル・オンライン併用)

活動報告

20201023-20201017.jpg

2020年10月17日(土)、関東支部主催の久しぶりのイベントである関東支部ミニ井戸端会議(Vol.39)を、TIP*Sで開催しました。
今回は、本部世話人の堂野智史さん、同じく本部世話人で元関東支部世話人の長坂泰之さんをお迎えして、テーマである「関東支部のこれからを考える」について参加者全員で熱く語り合いました。

まず、堂野さんからご自身のこれまでの活動、特にKNS、Mebicを通じた活動についてのお話があり、今後のKNSの方向性について、当面のコロナ禍ではオンラインを通じたミニ井戸端会議を主流に活動はしていくものの、KNSの一番の良さであるリアルの再開に向けての方向性等、大変興味深い、共感のできるお話をいただきました。
また最後に関東支部に期待することとして、(1)世話人体制の強化、(2)ミニ井戸端会議の定例化( 1、2か月に一回ペースで継続開催)、(3)首都圏の大学、支援機関とのコラボを検討(東京大学をはじめ首都圏の大学との連携、東京都、横浜市、川崎市等の支援機関との連携)、関東支部としても力を合わせて取り組んでいくことになりました。

続きを読む

2020年09月26日(土):【KNS6支部連合】特別企画-KNSオンラインフェス

活動報告 / / / / /

オンラインフェス1

初の試みとして「KNSオンラインフェス」をZOOMにて開催しました。
コロナ禍中での交流が難しい中、全国&中国(吉林省)のメンバー約40名が参加し、
楽しく交流しました。
関西本部世話人の一人、堂野さんの話を皮切りに、
全国6支部がそれぞれの地域性ある話、自己紹介をしていただきました。
全体交流会(ブレイクアウトルーム)もどうなることかと思いましたが、
楽しく交流。今更ながら、「そうだったんですか!」「なるほど、深いです」という話題が満載。
途中、オンラインならではの「音声が出ない」「つながらない」事態に見舞われつつ、
5時間、つなぐことが出来ました。
第2回も開催出来たら良いなと思います。

続きを読む

2019年11月09日(土):KNS in 東京大学(1,000回記念、首都圏初の地方大会)

活動報告 /

交流会集合写真

2002年12月に準備会を発足以降、1,000回目迎える記念すべき大会を、東京大学にて初めての首都圏での"地方大会"として開催しました。東京大学大学院経済学研究科教授、ものづくり経営研究センター長藤本隆宏氏の特別講演、東京大学産学協創推進本部副本部長 工学系研究科社会連携・産学協創推進室長 工学系研究科総合研究機構教授 高橋浩之氏の基調講演、東大とKNSの活動紹介に続き、「人口減少社会への対応 -産学官民連携の可能性」をテーマにトークセッションを行いました。
全国各地から100人を超える熱い仲間が集まり、深夜までフラットなコミュニケーションを深めました。

続きを読む

2019年06月18日(火):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.38

活動報告

2019年6月18日(火)、関東支部ミニ井戸端会議(Vol.38)を、化学研究評価機構の会議室で開催しました。
今回の話題提供者は、原子力発電環境整備機構 専務理事中村稔さん。
「橘と天皇家の謎?橘街道プロジェクト誕生秘話?」として、中村さんが書かれた著書『何が「地方」を起こすのか?IT、「橘街道プロジェクト」戦略と戦術と方法論』をもとにご披露して頂きました。
平成天皇が退位され、令和になり、天皇家や日本の歴史文化に関心が高まっている中、古事記や日本書記にある橘と天皇家を巡る謎や、橘街道プロジェクト誕生の背景についてお話してくださいました。

続きを読む

2019年05月21日(火):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.37

活動報告

集合写真

令和最初の関東支部ミニ井戸端会議(Vol.37)を、健康・生きがい開発財団会議室で開催しました。
今回の話題提供者は、一般社団法人Le Lien 代表理事、元JAL CA 健康生きがいづくりアドバイザー神山弓子さん。
神山さんは、健康生きがいづくりアドバイザー資格認定研修会講師としても活躍されており、その講義内容は大変好評。その一端をご披露して頂きました。
テーマは、「(国際線30年で見てきた)できる人モテる人のコミュニケーションスキル」。

続きを読む

2019年04月25日(木):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.36

活動報告

福田稔さん

2019年度最初、平成最後の関東支部ミニ井戸端会議(Vol.36)を、健康・生きがい開発財団会議室で開催しました。
今回の話題提供者は、KNSメンバーであり、現在、(一社)日本イノベーションマネジャー協会代表理事をされている福田稔さん。
テーマは、「アントレプレナーシップとオープンイノベーション」。
中国電力SOHO国泰寺倶楽部[産]、東京農工大学大学ベンチャー支援施設[学]、新宿区立高田馬場創業支援センター[官]と産・学・官三種三様のインキュベーション施設において長年インキュベーションマネジャーとして経験を積まれ導き出された福田さん独自の「イノベーション創発の構成要素」についてその考えや、(一社)日本イノベーションマネジャー協会立ち上げに至った経緯、同協会創立の志をご披露頂きました。

続きを読む

2019年02月13日(水):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.35

活動報告

20190219-2019021301.jpg

 2月の関東支部ミニ井戸端会議(Vol.35)は前回に引き続き「健康・生きがい開発財団」会議室をお借りしての開催となりました。
 今回の話題提供者は、鹿沼商工会議所の水越啓悟さんです。足利銀行での勤務を経て、現在は鹿沼商工会議所で商業を担当されている水越さん。今回のミニ井戸端会議では、地域経営の仕組み作りでの奮闘が水越さんから熱く語られました。そして、途中からは水越さん自ら「イチゴのまち鹿沼」の帽子を被り、さらに熱く真剣に地域でのチャレンジについて語るという本場のKNSさながらの雰囲気になりました。

続きを読む

2018年12月20日(木):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.34

活動報告

20181226-asano.jpg

12月の関東支部ミニ井戸端会議(Vol.34)は「健康・生きがい開発財団」会議室をお借りしての開催となりました。
今回の話題提供者は、ローカルファースト研究会代表の淺野真澄さんです。航空会社のCAやモールのインフォメーションといった華やかな経歴をもつ淺野さんですが、引越をきっかけに税金と医療費負担の関係を通して、地域の在り方に問題意識をもつようになったそうです。
ローカルファースト研究会での淺野さんの主な活動内容は、茅ヶ崎ローカルファーストジャーナル発行・文教大学の教材(大学と一緒に)作成・ローカルファーストショップの実践となっています。どの活動においても、地域に優しいこと、つまりローカルファーストの精神が活かされてきました。地域のことを知り、地域のことを好きになる。そして、地域にとって何が優しいのか考えて選択する。ローカルファーストとは地域優先という意味ではなく、地域愛や地域への優しさを軸にして地域経済を循環させる考え方でした。

続きを読む

2018年11月30日(金):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.33

活動報告

会場風景

小さくても強い企業「スモールジャイアンツ 」。
KNS関東支部ミニ井戸端会議 in TIP*S。
話題提供者は、Forbes Japan編集部次長の藤吉雅春さん。
話題は「あなたの近くにいるスモールジャイアンツを探せ」。
規模の大きさではなく、社会的影響の大きい企業を目指す小・中規模企業の新しい呼び方だそうです。
基本は「顧客の声をよく聞くこと。そこに未来の種がある」
藤吉さんには、今日は貴重なお話をしていただき心から感謝いたします。ありがとうございました^_^
また、本当にたくさんの皆さんにお越しいただきました。重ねて感謝申し上げます^_^

続きを読む

«New || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Past»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み