産業クラスター研究会」の活動報告一覧

«New || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Past»

2010年04月08日(木):第90回産業クラスター研究会&第24回ものづくり・ひとづくり研究会

活動報告 /

深田さん

第90回産業クラスター研究会&第24回ものづくり・ひとづくり研究会
 「創意工夫で無二の技術?人は人でしか磨けない?」
        話題提供者:深中メッキ工業株式会社 深田稔さん

 第90回目の産業クラスター研究会は、ものづくり・ひとづくり研究会と共催で、ものづくり産業のメッカ、東大阪市のクリエイション・コア東大阪にて開催しました。
 今回は、東京墨田区から深中メッキ工業株式会社の深田稔さんをお迎えして、サラリーマンから父親の遺志を二代目として引き継ぎ、亡き父が残した負の財産を抱えながらどん底から這い上がり、トップシェア企業にまで引き上げた素晴らしいマネジメントの方法について、お話をお伺いしました。

続きを読む

2010年02月26日(金):第89回産業クラスター研究会&第22回ものづくり・ひとづくり研究会

活動報告 /

第89回産業クラスター研究会&第22回ものづくり・ひとづくり研究会
シリーズ「コーディネーターの仕事・役割を考える」その4
話題提供者:モノプラス株式会社 大音和豊さん

 今回、モノプラス株式会社の代表である大音和豊さんにお越し頂き、大音さんの
活動をご紹介頂きながら、「コーディネーター」とはどうあるべきか、ものづくり
企業の活性化や競争力強化に結びつくコーディネートの方法やコーディネータの役
割などについて、みなさんと一緒に意見交換しました。

続きを読む

2010年01月19日(火):第88回産業クラスター研究会&第20回ものづくり・ひとづくり研究会

活動報告 /

桝谷さん

第88回KNS産業クラスター研究会
共催:第20回ものづくり・ひとづくり研究会
 シリーズ「コーディネーターの仕事・役割を考える」その3
        話題提供者:有限会社エムズ 桝谷武志さん

 有限会社エムズは、大阪市中央区松屋町で縫製業を営む企業です。
縫製業といえば、80年代以降地方立地が進んだ代表的な業種のひとつ。
それが都心のど真ん中で今もなお事業を行っているとは驚きを隠せません。
しかも、相当の競争力を持って・・・。その秘密は何なのか?
 有限会社エムズの代表である桝谷武志さんにお越し頂き、
桝谷さんの活動をご紹介頂きながら、「コーディネーター」とはどうあるべきか、
事業の成長に結びつくコーディネートの方法や自分自身の役割などについて、
みなさんと一緒に意見交換しました。

続きを読む

2009年12月16日(水):第87回産業クラスター研究会

活動報告

岩谷さん

第87回KNS産業クラスター研究会
 シリーズ「コーディネーターの仕事・役割を考える」その2
        話題提供者:株式会社ツアーバンクシステム 岩谷芳幸さん

 (株)ツアーバンクシステムは、大阪市北区豊崎で活動する異色の旅行代理店。旅行業務を担う傍ら、映像制作や「大阪美少女図鑑」の編集を手掛けています。同社でテクニカルスーパーバイザーを務める岩谷芳幸さんは、35歳の若さと持ち前のバイタリティで、多数の企業やクリエイターなどとのコミュニケーションをとりながら、映像制作の現場で活動されています。その仕事ぶりはまさに「コーディネーター」そのもの。
 岩谷さんの仕事ぶりを通して、クラスター形成の旗振り役ともなり得る「コーディネーター」とはどうあるべきか、その仕事のやり方や役割などについて、深夜まで参加者のみなさんと一緒に意見交換を行いました。

続きを読む

2009年11月12日(木):第86回産業クラスター研究会

活動報告

高橋さん

 産業クラスター研究会では、扇町インキュベーションプラザが主催する「この街のクリエイター博覧会4」の関連企画として、2回シリーズで「クリエイティブクラスターを考える」研究会を開催しました。
 第2回目の今回は、KNSメンバーでもある首都大学東京社会科学研究科の高橋勅徳さんにお越しいただき、「クリエイティブクラスターの仕組み?サッポロバレーと扇町クリエイティブクラスターの比較研究」をテーマにお話し頂きました。
 サッポロバレー形成のプロセスや問題点等についてお話しいただいた後、参加者との意見交換を行いました。サッポロバレーやクラスター論についての意見交換というより、行政の支援のあり方はいかにあるべきかについて深夜まで活発な意見交換がなされました。

続きを読む

2009年10月19日(月):第85回産業クラスター研究会

活動報告

平川克美さん

第85回産業クラスター研究会 ? クリエイティブクラスターを考える その1

 様々な政策は、経済を持続的に成長させるという前提にもとに設計、施行され、経済成長は、人間の社会が達成しなければならないほとんど唯一の目標となっています。経済が成長するか鈍化するかは人間社会の様々な要因が生み出す結果であり、成長への期待はただの願望・盲信に過ぎません。しかし、経済がマイナス成長するという前提は禁忌の如く遠ざけられ、見て見ぬふりをされています。現実的には経済のマイナス成長が経営や雇用などの面で様々な問題を生じさせているのに・・・。
 最近「経済成長という病?退化に生きる、我ら」という著作を出版された、株式会社リナックスカフェ代表取締役の平川克美さんをお迎えして、マイナス経済成長の時代を生き抜く我々にとって、いま本当に考えなければならないこととは何かを考えました。
 参加して下さったみなさんと一緒に深夜まで、活発な意見交換と交流を深めました。遠路大阪までお越し下さった平川さん、本当にありがとうございました。

続きを読む

2009年10月17日(土):KNS collaboration 伊賀2009(第3回 KNS in 伊賀)

活動報告 / / / /

関さん

「人が繋がり、地域が繋がる?KNS collaboration 伊賀2009?」
2009年10月17日と18日の土日、人的ネットワークの構築による活力・競争力ある地域産業の集積と新産業の創出などによる魅力ある地域づくり、まちづくりを目指す伊賀市と、関西ネットワークシステムが連携し、「人が繋がり、地域が繋がる?KNS collaboration 伊賀2009?」を開催しました。

続きを読む

2009年09月01日(火):第84回産業クラスター研究会

活動報告

奥山さん

 アートニクス代表奥山天堂さん 「コーディネーターの仕事、役割とは?」

 大阪市西区立売堀で「ミリバール」というCafe/ギャラリーを運営しながら、店舗のコーディネートや内装設計業務を軸に事業運営を行う有限会社アートニクス代表の奥山天堂さんをお迎えして、「コーディネーターの仕事、役割とは?」について、参加者のみなさんと活発な意見交換をしました。

 参加者は、デザイナー(空間、プロダクト、グラフィック)、映像系クリエイター、ベンチャー企業経営者、産業支援機関で産学連携や地域資源活用に関わるコーディネータ、先端技術系・知財系コーディネータ、公認会計士、キュレーターとしてアートの現場で活動する大学教員、まちづくり系シンクタンク研究員、インキュベーションマネージャー、コーディネータ育成に携わる行政マン、それにコーディネート活動に関心のある学生などなど、様々なジャンルでコーディネート活動に関わっている方28人が集いました。

続きを読む

2009年08月03日(月):第83回産業クラスター研究会

活動報告

森本さん

 今回のクラ研は、図書館でビジネス支援を行っているという、全く常識破りの活動に携わるキーマンお二人にお越し頂き、お話しをお伺いしました。予想通り、いや予想以上に強烈な個性で、図書館で起業支援(インキュベーション)まで行っており、その企業の販路開拓までサポートするという有様に、参加者一同、目から鱗のことばかり。図書館で支援を受けているベンチャー企業の経営者にも参加していただき、図書館の支援効果についてお話しを頂きました。
 当日は、関西エリアで活動する様々なジャンルの個性的な面々が集まったことおあり、深夜まで大いに飲んで騒ぎました。話題提供者のひとり小林さんには、9月5日の定例会(関西大学)でもプレゼンを頂く予定にしていますので、是非ご興味ある方はお会いしていただければと思います。

続きを読む

2009年07月17日(金):第82回産業クラスター研究会&第15回ものづくり・ひとづくり研究会

活動報告 /

伊藤さん

第82回産業クラスター研究会&第15回ものづくり・ひとづくり研究会
「『市民の科学』プロジェクトとサイエンスカフェ」

今回の産業クラスター研究会&ものづくり・ひとづくり研究会は、
神戸大学大学院人間発達環境学研究科の伊藤さんをお迎えして、
「『市民の科学』プロジェクトとサイエンスカフェ」と題してお話しいただきました。

伊藤さんは、2005年10月に、神戸に文化としての科学を根づかせたいという願いから、「サイエンスカフェ神戸」を始めた方です。

サイエンスカフェというのは、科学者などの専門家と一般の市民が飲み物を片手に
気軽に科学などの話題について語り合う新しいコミュニケーションの場です。
プロジェクトは、さらに、「サイエンスショップ」や兵庫県における科学コミュニケーションの
ネットワークづくりへと発展しています。

続きを読む

«New || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Past»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み