ミニ井戸端会議」の活動報告一覧

«New || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Past»

2020年12月14日(月):Onlineミニ井戸端会議-サイエンスフェアin兵庫 2

活動報告

null

 2回目の「サイエンスフェアin兵庫」に向けての井戸端会議となりましたが、参加方法も明らかになってきたということで、今回はやや具体的な話し合いとなりました。
すなわち、KNSをはじめとする企業や研究機関による発表は、『スライド+音声』・『ポスター+音声』のいずれかで、10 分程度の動画ファイルを作成してYouTube へupし、1/24から2/22までの期間、参加者に閲覧され、質問も寄せられる、とのことですから、その動画ファイル作成に向けてどう動くかが議題となりました。その結果、一応、スピーカー候補、映像編集担当などが決まり、今回もサイエンスフェアへの参加ができそうな感じになってきました。

(写真は3人ですが、参加者は5人ですよ。)

続きを読む

2020年11月21日(土):ミニ井戸端会議Vol.116 - ATC

活動報告

20201123-0001.jpg

久しぶりにリアルで ミニ井戸端会議を開催しました。
場所は、大阪・南港のアジア太平洋トレードセンターにあるソフト産業プラザTEQS大阪デザイン振興プラザ(ODP)
今年10月にTEQSにオープンした5G×LABO OSAKAとODPで開催中のマチオモイ帖展の見学を行いました。
TEQSでは、手嶋さん、野満さんに5G説明と機器の体験をさせていただきました。5Gについてわかりやすい説明を受け、これからの進化が楽しみになりました。

続きを読む

2020年11月17日(火):Onlineミニ井戸端会議-サイエンスフェアin兵庫

活動報告

null

 すっかり恒例行事になってしまった感のある「サイエンスフェアin兵庫」ですが、次回はオンライン開催となりそうです。
 そこで、次回の参加について、「サイエンスフェアin兵庫」に参加されたことのある方も無い方も含めて、事前に意見交換を行いました。

続きを読む

2020年10月04日(日):Onlineミニ井戸端会議 - 尼崎の魅力探訪

活動報告

null

 ゆるゆるとお話ししましょうを合い言葉に、オンラインミニ井戸端会議?尼崎の魅力探訪を開催しました。
 日曜日の夜にもかかわらず、11名の方に参加いただいて、ゆるゆるどころか、ここだけのディープな話も含めて、なかなか聞けないお話を聞かせてもらったという感じです。
 いや、まだまだ皆さんのお話を引き出せていないですよね。特に、今回のきかっけとなった堀さんをはじめ、話し足りない方はいらっしゃるでしょう。
 ということで、次回につなげていきたいと思います。
 また、よろしくお願いいたします。

 なお、私は、本日、話題に上がった阪神尼崎駅の鯛焼きを買ってから、帰路につきました。

続きを読む

2020年09月05日(土):ミニ井戸端会議Vol.115 - 関大梅田キャンパス

活動報告

話題提供者高見氏

関西ネットワークシステム(KNS)では、「産学官民連携はコミュニケーションからはじまる」をテーマに、年4回開催する定例会をはじめ、研究会活動、ミニ井戸端会議など、約17年の間に1,000回を超える活発な活動を行い、様々な形で産学官民メンバーの交流を深めてきました。昨今の新型コロナウィルス感染拡大の影響により、現在のところ、関西の経済活動や人々の交流は低迷しています。このため、KNSでは、感染防止対策を行ったうえで、少人数でのリアルイベントを再開しました。
 今回は、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会企画局審議役の高見明伸さんをお迎えして、2025年に開催が決定している大阪・関西万博について、「2025年大阪・関西万博がめざすもの」をテーマにお話しを頂くとともにに、KNS世話人のひとりで、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所の神牧智子さんに、50年前の大阪・万博を振り返っていただきました。
 久しぶりのリアルな再開に、参加くださった皆さん一様にコミュニケーションを楽しんでおられました。

 

続きを読む

2020年07月11日(土):Smips・KNS共催onlineミニ井戸端会議

活動報告

null

 今回のミニ井戸端会議は、もともとSmips(知的財産マネジメント研究会)の産学連携分科会の企画として、KNSメンバーである松田知樹さんを東京へ送り込み、話題提供いただこうと目論んでいたところ、目下の状況によりオンライン開催となったため、それならKNSとの共催にしてしまえ、ということで開催したものです。
 おかげさまで約70名とたくさんの方に参加いただき、松田さんも、 最新情報を盛り込むべく、ギリギリまで資料を作り込んだスライド88枚を見事に活用しきって、シリコンバレーの文化とコミュニティから日本が学べる点についての話題を提供いただきました。
また、質疑応答を含めたセッションの終了後に、オンライン懇親会を開催しました。こちらが本番ですから大いに盛り上がり、リモートとはいえ、SmipsとKNSのメンバーが入り乱れる、ということで見事に異分野連携を図ることができたのではないでしょうか。
参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

続きを読む

2020年07月04日(土):【東海支部】Onlineミニ井戸端会議

活動報告

東海支部Onlineミニ井戸端会議

九州・沖縄支部、東北支部につづき、東海支部でもオンラインによるミニ井戸端会議を開催しました。

 ●日時:2020年7月4日(土)  20:00 - 22:00
 ●場所:ZOOM ミーティングルーム
 ●主催:KNS東海支部
 ●テーマ: 緊急事態宣言解除から1カ月
  -「ニューノーマル」時代の地域の課題や今後の方向性を探る -
 
世話人からの話題提供に始まり、関西のみならず、海外、沖縄、広島、東京と20名の方々が集まり、コロナ禍の影響や観光、テレワーク等々多岐にわたる話題で話が交わされました。
お久しぶりの伊賀市さんからの参加も、オンラインだから実現できたし。次は三重でリアルであいたいねえと改めて実感したり。
オンラインでもコミュニティで「顔を見せ合う」ことが大切と再実感しました。ニューノーマル時代の新しい「顔の見える関係」へのつながりづくりは、オンラインとリアルのベストミックス!ですね。

2020年04月28日(火):第1回Onlineミニ井戸端会議

活動報告

20200428.jpg

 新型コロナウィルスの影響によりリアルな会合が開催できない中、今年度第1回目のミニ井戸端会議は「ZOOM」を活用しての実施となりました。初のオンライン開催ではありましたが、全国から約40名が参加。テーマは「コロナに左右されない!今だからこそできることは?」と題し、日常に追われる日々ではなかなか手がつけづらい「緊急ではないけど重要なこと」について、ZOOMのブレイクアウトセッション機能も活用して語り合いました。
 地理的制約を超えてなかなか会えない人と再会を果たせるのもオンラインのいいところ。
 今後も全国のKNSメンバーとつながる手段としてオンラインが活用できそうです!
 日時:2020年4月28日(火)19:00 - 21:00
 場所:ZOOM ミーティングルーム
 話題提供者:東純子さん(公益財団法人大阪産業局大阪産業創造館 経営相談室 スタッフコンサルタント)

続きを読む

2020年03月27日(金):ミニ井戸端会議 Vol.114 - 新長田

活動報告

null

 杉浦@兵庫県が8月に新長田に赴任して以来、かつてユニバーサルデザイン研究会でお世話になった宍田正幸さんを囲む会を開催したいと思っていたのですが、年度末になってようやく実現。急遽KNSメンバーを呼び集め、ミニ井戸端会議を開催しました。10数年振りの旧交を温める者あり、はじめて出会う者あり、次の展開に向けて悪だくみの相談ありのにぎやかな会となりました。いずれにせよ、KNS in 神戸を盛り上げるべく、いろいろと仕掛けることを期しての散会となりました。今後の展開を期待しましょう。

 日時:2020年3月27日(金)19:00 - 22:00
 場所:串楽(くしらく)
     (神戸市長田区大橋町5-3-1 アスタプラザEAST 2F)
 内容:宍田正幸さんを囲んで、旧交を温めつつ、新たな展開を企む。

2020年03月14日(土):ミニ井戸端会議 Vol.113 - 天王寺

活動報告

ミニ井戸端風景

KNS発足当初より大変お世話になった浅利征男さんのお通夜に参列したKNSメンバーで急遽ミニ井戸端会議(通算1,012回目)を開催しました。岩手から駆けつけて下さった小笠原さんを囲んで、故人を偲び飲んで騒いで、浅利さんのたっての希望とかで賑やかにお見送りしました!!
謹んでご冥福をお祈りしたいと思います!!

 日時:2020年3月14日(土)21:45 - 23:30
 場所:炉ばた焼 わすれ茶屋
    大阪市天王寺区堀越町14 - 3
 内容:株式会社甲代表取締役会長浅利征男さんを偲んで
    岩手県庁小笠原徳さんを囲む。


   

続きを読む

«New || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Past»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み