«New || 1 | 2 | 3 |...| 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 || Past»

2005年06月24日(金):第27回産業クラスター研究会 in 京都

活動報告

パネルディスカッション風景

 Smips関西との共同開催

今回は、Smips関西さんのご協力により、合同で産学連携会議の前夜祭として、京都で開催しました。
長谷川克也早稲田大学教授には、シリコンバレーと日本の違いについてお話しを頂きました。また、パネルディスカッションは論客が多く、もっと時間が欲しかったなって感じです。
80人を超える皆様にお集まりいただき、夜遅くまで、大いに盛り上がりました。
SMIPS関西運営委員会の橋本さん、高松さん、上條さん、藤川さん、本当にありがとうございました。

続きを読む

2005年06月10日(金):第7回循環型社会研究会

活動報告

循環型社会研究会では、6/10,11の二日間にわたって、徳島県上勝町を訪れ、NPO法人ゼロウェイストアカデミー、(株)いろどり、上勝町長笠松さまにお話をお伺いしました。

はじめに、ゼロウェイスト・アカデミーでは、職員の松岡夏子さんに、34分別のごみ分別のお話から、資源循環型社会への地域社会の取り組みについて、具体的なお話をうかがいました。

小型焼却炉で処理していた頃は1億円近くかかっていた処理コストは、現在2000万円程度に圧縮されているなどコスト面での効果はもちろん、どうしても焼却にまわさざるを得ない古布団の綿をうちなおし、地元の高齢者の
方方による座布団づくりに取り組まれるなど、徹底的な住民参加が図られていました。

町による収集はされず、拠点回収のみ。住民にとってはいつでも出したいときにごみが出せる便利さもあるようです。

今後の課題はごみ減量のベストプラクティスづくりと環境教育へのアプローチ。デンマークでの経験を生かし日夜努力されています。

続きを読む

2005年06月04日(土):第9回定例会?ベタな交流カンファレンスVol.5

活動報告

井戸端会議風景

「ベタな交流カンファレンスVol.5 
  ? 産学官民連携はコミュニケーションからはじまる」
 共催:扇町インキュベーションプラザ「Mebic Talk-in」

 日 時:2005年6月4日(土) 15:00?20:30
 場 所:扇町インキュベーションプラザ 2階

9回目の定例会。おかげさまで140人の参加者をお迎えし、深夜まで盛大に交流を深めました。こうした異分野の出会いから、何か新しい芽が生まれることを期待したいと思います。参加してくださったみなさま、本当にお疲れ様でした。

続きを読む

2005年05月13日(金):第26回産業クラスター研究会

活動報告

大田さん

 mono.jpは、異なるジャンルの中小企業9社が連携して、デザイン・設計・試作・金型・組立・販売の全工程に対応できるものづくりネットワークです。
 今回は、mono.jpのリーダーである大田さんをはじめ、リバースエンジニアリングに取り組んでおられる中村さん、プロダクトデザイナーの辻さんから、mono.jpの活動をご紹介いただきました。
 また、メンバーのみなさんからみた「mono.jp」について、それぞれご報告いただくなど、アットホームな雰囲気の中で互いに、交流を深めました。

   mono.jpサイト  http://www.mono-jp.com/

 場所も、mono.jpのコア企業である(有)タカダマイクロエンタープライスさんのショールームをお借りし開催しました。この場所、もともと信用金庫の所有であったとかで、ショールームの端に金庫室がありました。
 みなさんのおかげで、刺激的なひとときを過ごすことができました。デザインが形に変わり、商品になるというプロセスや、あるいは、異業種が連携を組む際のコーディネータの役割がわかりやすく伝わった内容でした。
 今回の企画をコーディネートして下さった北出さん(mono.jp & KNS)、本当にありがとうございました。

続きを読む

2005年03月23日(水):第6回循環型社会研究会

活動報告

産・官・学・NPO・NGOとの機動型コンソーシアム連携-ビジネス手法で解決する環境問題-「竹資源有効活用事業の創出について」

第6回KNS循環型社会研究会では、山林や里山保全をはかるうえで重要な「竹資源の有効活用」を、新産業創出と地域活性方策の観点からとりあげました。

日本の代蕪Iな環境NGOのひとつ(財)オイスカの関西支部参与でもあり、企業の環境ISO取得支援を推進しておられます森義信さんが仕掛け人となって、まず高知で和歌山で山口で、そしてこの大阪で、そしてこれから全国へ
と、竹資源有効活用コンソーシアムが始動をはじめています。

小物や家具、内装材など住環境の素材としてだけでなく、化粧品や繊維、さらにはエネルギー利用、そして地球温暖化防止対策まで、幅広い分野の企業ネットワークをつなぐキーデバイスとして注目される「竹」。
その可能性について、お話いただきました。

◆ゲストスピーカー 森義信氏((財)オイスカ関西支部参与・環境ISO副部会長/大阪産業創造館 環境プロジェクトアドバイザーなど歴任)

2005年03月12日(土):第8回定例会 ? べたな交流カンファレンスvol.4

活動報告

交流会風景

? 産学官民連携はコミュニケーションからはじまる。
「大発表 あなたにとっての『最先端』」
            &井戸端会議「互いの仕事をもっと知ろう」

今回のキーワードは、”あなたにとっての最先端”。
新しい仕事、技術、お客さんの話題から、最近の気になることまで、
みなさんからの報告と、井戸端会議で交流を深めました。
参加者は106人。19歳から71歳までが同じ目線で意見交換を交わしました。
年度末の忙しい時期の開催の割には、多くの方に参加していただき、感謝・感謝です。 

続きを読む

2005年03月07日(月):第14回インキュベート研究会・第24回産業クラスター研究会

活動報告 /

講演者

テーマ「産学連携コーディネートの仕事術 ? コーディネートの現場から」

 「大学」と「企業」を結びつけるって、どういうこと?
 そんなやさしい疑問から、プロジェクトの仕掛けも含めて、今回は、三重、大阪
それぞれの最前線でご活躍のお二人のコーディネータからお話をお聞きしました。
 お二人の「生」のお話を通じて、ベンチャー企業や中小企業のみなさんにとって、
必要だけれど難しい、敷居が高そう(!?)な大学との連携をどう進めていくのか?
産学連携コーディネータの方をどう活用していくべきなのか?といったことについて、
何らかのヒントが得られたのではないでしょうか?

続きを読む

2005年02月14日(月):第5回循環型社会研究会

活動報告

「水なし印刷が企業の環境を変える?技術と経営のイノベーション?」

バタフライ・マークをごぞんじですか?
バタフライ・マークは、秋になるとアメリカ大陸をなんと3800kmも旅をするといわれているオオカバマダラをデザインしたもので、「水なし印刷」の世界的なシンボル・マークとなっています。

通常の印刷に含まれる化学物質の中には、このような繊細で小さな生き物にとって脅威となるものが多く含まれています。
水なし印刷は、このような化学物質を最小限に抑制できる、たいへん環境にやさしい印刷でありながら、なんと紙幣の印刷にも活用されるほど、高い品質を得られる技術でもあるそうです。

環境と品質の2兎を得る「水なし印刷」。
その実現には、印刷機械のイノベーション、工程管理の的確さが要求されるといいます。また何よりも、コスト重視の今日、なぜ「水なし印刷」に挑むのか。
そこには環境の変化に敏感な、一人の経営者の視点がありました。

今回は、この「水なし印刷(Warterless-Printing)」に取り組む株式会社二口印刷代表取締役二口晴一さんを、研究会のゲストスピーカーにお迎えし、これまでのオフセット印刷の常識を覆す「水なし印刷」の技術とその高い品質についてお話いただくとともに、環境を切り口にした新しい企業経営へのチャレンジと可能性についてお話をいただきました。

2005年02月04日(金):インキュベート研究会特別イベント・ 第22回産業クラスター研究会

活動報告 /

展示風景

「高野口繊維産地とクリエイターとのコラボレーション」
 和歌山県の高野山近くには、「紀州繊維産地」というテキスタイルの産地があります。
これまで、パリコレクションでの生地の採用、国内外のブランドへの生地の供給など、高付加価値のテキスタイル素材を生み出してきました。
 ところが、長引く不況、中国の台頭など、紀州繊維のみならず、国内の繊維産地は苦戦を強いられています。会期中は、国内の繊維産地の展示会を開催、また、2/4(金)のトークセッションでは、3人のクリエーターが産地のメンバー(メーカー)と、これからの方向を探るディスカッションを展開しました。
  日時:2005年2月1日?4日
  場所:扇町インキュベーションプラザ

続きを読む

2005年01月28日(金):第21回産業クラスター研究会

活動報告

大倉さん

「コラボレーションで利用者指向のデザインを追求する
     ?ケプラデザインスタジオ&パートナーズの活動について」

Kepla Design Studio代表の大倉清教さんをお迎えし、インテリア、プロダクト、グラフィック等いろんなジャンルのメンバーでパートナーシップを形成し、利用者指向(ユーザーオリエンテッド)で運用・活用できるデザインを重視した活動について、ご報告頂きました。約80人の方に参加していただき、大いに盛り上がりました。大倉さん、K-DESPAの皆様、ありがとうございました。

 日時:2005年1月28日(金) 19:00?21:00
 場所:扇町インキュベーションプラザ 2階会議室
 報告者:大倉清教さん((有)ケプラデザインスタジオ代表取締役

続きを読む

«New || 1 | 2 | 3 |...| 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 || Past»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み