2007年11月14日(水):第15回循環型社会研究会

活動報告 ?

2007年11月14日(水)にアストラゼネカ株式会社 前臨床開発部 東泰好さんをお迎えして、循環型社会研究会を開催しました。

講演テーマは「環境中の医薬品をどのように考えるか」

医薬品の使用に端を発する新たな環境問題が新聞等で報じられ、国内外の学会でも頻繁に論文が発表されているそうです。

環境中に医薬品由来の化学物質が検出していることは事実ですが、だからといって医薬品が病気の治療に不可欠なものであることからすると、バランスのとれた見方をしていく必要があります。

東さんのお話しからは、下水処理の高度化など、様々なセクターがこの問題に貢献出来る可能性があること、また、欧米を中心に、医薬品の開発の中で環境影響を評価する仕組みが検討され、我が国での導入検討もされはじめていることなど、まさしく最先端のお話を伺うことが出来ました。

専門的な内容ながら、非常にわかりやすくお話をしていただきました。

null

このページの先頭へ

Copyright (C) 2007 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み