2020年10月17日(土):【関東支部】ミニ井戸端会議 Vol.39(リアル・オンライン併用)

活動報告 ?

2020年10月17日(土)、関東支部主催の久しぶりのイベントである関東支部ミニ井戸端会議(Vol.39)を、TIP*Sで開催しました。
今回は、本部世話人の堂野智史さん、同じく本部世話人で元関東支部世話人の長坂泰之さんをお迎えして、テーマである「関東支部のこれからを考える」について参加者全員で熱く語り合いました。

まず、堂野さんからご自身のこれまでの活動、特にKNS、Mebicを通じた活動についてのお話があり、今後のKNSの方向性について、当面のコロナ禍ではオンラインを通じたミニ井戸端会議を主流に活動はしていくものの、KNSの一番の良さであるリアルの再開に向けての方向性等、大変興味深い、共感のできるお話をいただきました。
また最後に関東支部に期待することとして、(1)世話人体制の強化、(2)ミニ井戸端会議の定例化( 1、2か月に一回ペースで継続開催)、(3)首都圏の大学、支援機関とのコラボを検討(東京大学をはじめ首都圏の大学との連携、東京都、横浜市、川崎市等の支援機関との連携)、関東支部としても力を合わせて取り組んでいくことになりました。

20201023-20201017.jpg

続いて、長坂さんより近況の報告と関東支部との関わりについてのお話がありました。特に今年度の活動の1つとしてお話のあったコロナ直後の「神戸・元町商店街での調査結果」に関して、質疑があり、コロナ禍の商店主の生の声、貴重な調査結果について、参加者全員がとても興味深く、熱心に耳を傾けていました。また、元関東支部世話人として今後の関東支部に対する関わり、期待、熱い思いを伝えていただきました。

続いて、関東支部世話人の阿部から、簡単な自己紹介の後、昨年のKNS in東京大学に至るまでの13年間に亘る関東支部の歴史を簡単に振り返り、「関東支部のこれから」について参加者全員で話し合い、確認し合いました。新たな世話人候補、世話人体制について、また新潟ブランチ、オブザーバーの方、そして当日参加の皆さまによるご協力も含めて、年10回を目標に継続的にミニ井戸端会議を開催しながら、関東支部を盛り上げていくことが決まりました。

最後に、会場を提供いただいただえみさんとこ岡田恵実さんから最近のTIP*Sの状況についてご報告いただきました。特にイベントの状況については、コロナ直後からオンラインをスタート、いまはハイブリッドも交えて、コロナ前と変わらない活発な活動をされているというお話でした。
今回のリアル、オンラインの多元開催もこのTIP*Sさんの会場とノウハウなしでは実現できなかったこと、申し添えます。ありがとうございました。

以上、少人数ではございましたが大変中身の濃い、盛り上がった井戸端会議になりました。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
早速次回へ向けての具体的な動きをつけていきたいと思います。

その後の交流会は6名の参加。今後の会場、話題提供者等の話を中心に大きく盛り上がりました。

日時:2020年10月17日(土)14:00 - 16:00
場所:TIP*S(東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内2丁目ビル6F611区)
話題提供者:堂野智史さん(本部世話人/Mebic)、長坂泰之さん(本部世話人/流通科学大学)、岡田恵実さん(TIP*S 中小企業基盤整備機構)、参加された皆さま全員
話題提供テーマ: 「関東支部のこれからを考える 」
参加者:話題提供者を含め14名(リアル参加7名、オンライン参加7名)

このページの先頭へ

Copyright (C) 2020 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み