2020年09月05日(土):ミニ井戸端会議Vol.115 in 関大梅田キャンパス

活動報告 ?

関西ネットワークシステム(KNS)では、「産学官民連携はコミュニケーションからはじまる」をテーマに、年4回開催する定例会をはじめ、研究会活動、ミニ井戸端会議など、約17年の間に1,000回を超える活発な活動を行い、様々な形で産学官民メンバーの交流を深めてきました。昨今の新型コロナウィルス感染拡大の影響により、現在のところ、関西の経済活動や人々の交流は低迷しています。このため、KNSでは、感染防止対策を行ったうえで、少人数でのリアルイベントを再開しました。
 今回は、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会企画局審議役の高見明伸さんをお迎えして、2025年に開催が決定している大阪・関西万博について、「2025年大阪・関西万博がめざすもの」をテーマにお話しを頂くとともにに、KNS世話人のひとりで、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所の神牧智子さんに、50年前の大阪・万博を振り返っていただきました。
 久しぶりのリアルな再開に、参加くださった皆さん一様にコミュニケーションを楽しんでおられました。

 話題提供者高見氏

 日時:2020年9月5日(土)14:00 - 17:00
 場所:関西大学梅田キャンパス4階 KANDAI Me RISE ラボ
    大阪市北区鶴野町1番5号
    http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/access/ 
 テーマ:「2025年大阪・関西万博はコミュニケーションのるつぼになるか?」
 スケジュール:
  13:30 受付開始
  14:00 趣旨説明・KNSの紹介
  14:10 話題提供
      高見 明伸氏 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 企画局審議役
       「2025年大阪・関西万博がめざすもの」
  15:10 トピックス
      神牧 智子氏 大阪府日本万国博覧会記念公園事務所
       「EXPO’70の記録を辿る」
  15:30 意見交換「2025年大阪・関西万博はコミュニケーションのるつぼになるか?」
  17:00 終了
 
    神牧智子氏

    会場風景

    集合写真                                 

このページの先頭へ

Copyright (C) 2020 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み