2018年11月13日(火):第20回地域産業政策研究会

活動報告 ?

盛岡から岩手県理事の佐々木淳さんにお越しいただき、1年ぶりに地域産業政策研究会を開催しました。
話題は、現在岩手で進められている国際リニアコライダー(ILC)計画。都市整備や産業振興など、裾野の広い壮大なプロジェクトだけに、夢を感じる一方で、実現までには超えなければならないハードルがまだまだ沢山あることをひしひしと感じました。
参加者が少なめだったこともあり、活発な意見交換ができ、有意義な時間を過ごすことができました。

佐々木淳氏

 ■日時:2018年11月13日(火)19:00 - 21:00
     終了後、終電まで交流会開催
 ■場所:メビック扇町 交流スペース3
 ■話題提供者:佐々木淳氏 岩手県理事 兼 政策地域部科学ILC推進室長
 ■報告タイトル:「日本発・初の国際大型科学研究施設 ILC国際リニアコライダーと東北の未来」
 ■報告概要:ILC(国際リニアコライダー)は、世界に一つ建設する、世界最先端の研究施設であり、
       現在国においてその実現について検討がなされています。
       ILCを契機に東北は東日本大震災からの復興や世界に開かれた地方創生を実現すべく、
      地元では受入環境整備の取組みが進められています。
      また、今回はILC実現という東北発の国際プロジェクトが
      関西地方へもたらす効果についてもご紹介したいと思います。

会場風景

交流会

このページの先頭へ

Copyright (C) 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み