2018年07月27日(金):コミュニティスポット2525 Vol.51

活動報告

阪神電鉄様のご協力で毎回ハービス大阪で実施しているコミュスポ2525の51回目は岡山から「日本一の駄菓子売り場」を運営されている秋山 秀行さんをお迎えして開催しました。

この度は駄菓子を食べながらのお話でした。

秋山さんは3月12日を「だがしの日」として記念日登録し、「だがしと笑顔の交換」をキャッチフレーズに精力的に活動されています。
この3月12日は世界中で争いのない日を目指されています。
「日本には奇跡のような、世界に誇れる “だがし文化”がある」が口ぐせです。 

なぜこのような活動にたどりついたのか。
秋山さんの生き方、会社の歴史、時代の流れを絡ませながら、熱いお話を聞くことができました。

秋山 秀行さん

株式会社大町は「ノルマ」も「マニュアル」など、多くの企業が当たり前に持っているものをひとつ、ひとつ捨て、その結果、多くのものが入ってきたそうです。

秋山さんの活動はニュースにも取り上げられています。ぜひ参照してください。
https://thepage.jp/osaka/detail/20170315-00000001-wordleafv…

■日時:2018年7月27日(金)19:00 - 21:00
■場所:ハービスプラザ5階会議室5号室
     大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA 5階
     http://www.herbis-kaigi.com/room/plaza_5f.html
■話題提供者:株式会社大町 代表取締役社長
       DAGASHIで世界を笑顔にする会 会長  秋山 秀行氏

熱く語る秋山さん

秋山さんのメッセージ

会場風景

このページの先頭へ

Copyright (C) 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み