2018年01月28日(日):第10回サイエンスフェアin兵庫への出展

活動報告

 今年も「サイエンスフェアin兵庫」*にブース出展しました。5年連続のことです。
 KNSのブースは、高校生とおっちゃん達の交流を図るため、「サイエンスクイズに答えて景品をゲットしよう!」と銘打って、クイズを解かせ、そのクイズに答えるためにはおっちゃん達の話を聞かなければならない、という仕組みにしています。この仕組みのおかげで、今年も多くの高校生を引きつけ、周辺のブースにご迷惑をお掛けしつつ、一番の盛り上がりを見せました。(景品をご提供いただいた皆様、会場を提供していただいた甲南大学様、ありがとうございました。)
null

 特に今年は、強力な3人が新たなスピーカーとして加わり、モンゴルから乱入したメンバーも含めた8人のスピーカーが高校生を迎え撃ちました。高校生に話を真面目に聞いてもらえるというだけでも本当は嬉しいところですが、中には鋭い質問をする若者もいて、良い刺激を受けたようです。高校生側にも我々の「変態」ぶりを感じてもらえたでしょうか。ともあれ、我々の方はいつもの三宮ZAKOBAにて本番の交流会を開催し、変態ぶりを発揮してきました。

●日時:平成30年1月28日(日)10:00-16:00
●場所:3会場
 ・神戸大学統合研究拠点コンベンションホール・ラウンジ、
 ・兵庫県立大学神戸情報科学キャンパス、
 ・甲南大学FIRST(※KNSはこの7階にて出展)
●当日のスケジュール:
 10:00-11:00 開会式及び大学院生による特別講演
 11:00-13:30 高校等ポスター・口頭発表
 13:30-16:00 企業大学等の展示、サイエンスカフェ、特別展示・見学
 16:00- 終了、後片付け

【スピーカー】
 飯田 大介/(株)アイテック
 中川 裕之/中川鉄工(株)
 藤川 昌浩/(有)デジタル・マイスター
 山田 進/田舎生活研究所
 増田 たくみ/JICA シニア海外ボランティア/ モンゴル商工会議所
 (※モンゴルからスカイプ経由で乱入)
 荒川 一聡/一般財団法人化学研究評価機構
 北山 寛樹/株式会社電子技販
 稲付 嘉明/カワソーテクセル株式会社
【その他スタッフ】
 稲垣 敦子/インターナップ・ジャパン株式会社<受付(採点、景品配布)>
 安田 耕三/NPO法人メディカルルーツ<受付(採点、景品配布)>
 三宅 英雄/(株)アイテック <呼び込み>
 杉浦美紀彦/兵庫県 <呼び込み>
【Special Thanks】
 野上 和弘さま/野上織物(株)
 木下 朋和さま/甲南大学
null
null
null
null
null
null
null

*サイエンスフェアin兵庫は、兵庫県内のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校9校と兵庫県教育委員会が合同で運営し、高校生等の研究発表とともに、研究開発や製品化に取組む大学・企業・研究機関が出展し、高校生が科学技術の利用や活用に触発される機会を提供しようとするものです。KNSメンバーも高校生に多いに語りかけ、交流を図りたいと思います。
 「サイエンスフェアin兵庫」は、高校・大学・企業・研究機関等が連携して、科学技術人材の育成を図ることを目的として毎年開催されています。要は、科学好きな高校生と大学・企業関係者との交流を図ろう、というイベントですから、プログラムには、大学・企業等と高校生、それぞれによるポスターセッションの時間帯が設けられています。このポスターセッションに、KNSとして参加したわけです。
※サイエンスフェア兵庫については、コチラ↓
http://www.hyogo-c.ed.jp/~kobe-hs/

このページの先頭へ

Copyright (C) 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み