2015年10月06日(火):コミュニティスポット2525 Vol.36 & 第13回地域産業政策研究会

活動報告 /

今回のコミュニティスポット2525は、京都市産業戦略監の白須正さんにお越しいただき、
地域産業政策研究会を合同で開催しました。
テーマは、「自治体(大都市)の産業政策について考えていること」。
長年、京都市において産業政策に携わってこられた白須さんのご経験から、
産業振興,地域経済活性化のために自治体は何ができるのか?何をなすべきなのか?
についてお話をいただきました。
40人を超える皆さんにお越しいただき、盛況に開催することができました。
白須さん、本当にありがとうございました!!

白須正さん

 日時:2015年10月6日(火)19:00-21:00
 会場:ハービスプラザ5階会議室
    大阪市北区梅田2−5−25 ハービスOSAKA 5階
 テーマ:自治体(大都市)の産業政策について考えていること
 報告概要:産業振興,地域経済活性化のために自治体は何ができるのか,
      何をなすべきなのか。産業分野の仕事に20年間関わってきた経験を踏まえ,
      京都市の産業政策を例に,定年を6か月後に控えた職員が何を考えているか,
      成果,反省,限界など率直にお話し,皆さんと意見交換したいと思います。
 話題提供者:白須 正氏 京都市産業戦略監
 プロフィール:1955年京都市生まれ。1978年に京都大学法学部を卒業し,京都市役所に入庁。
       経済局で工業振興を3年間担当し,庶務の仕事を5年。以降,主に企画部門を中心に仕事をして,
       2002年度から産業観光局にカムバック。産学連携による新産業,新事業の創出に関わる。
       この他,1981年10月に自主研究会を創設し,今日まで多くの研究報告書を発行。
       クラブ(大学)の監督,OB会長,関西在住の大学OBの事務局長など
       何でも手を出し多忙な毎日を送ってきました。

会場風景

交流会 乾杯

集合写真

このページの先頭へ

Copyright (C) 2015 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 大阪大学 e-square 兼松研究室内

会員規則 これまでの歩み