«New || 1 | 2 | 3 |...| 59 | 60 | 61 || Past»

2018年09月18日(火):【関東支部】ミニ井戸端会議

活動報告

20180923-001.jpg

9月18日(火)、お茶ノ水の日本立地センター会議室をお借りし、関東支部9月定例会となるミニ井戸端会議を開催いたしました。今回は、地域再生マネージャー斉藤俊幸さんをお呼びして『ウィスキー蒸留所をつくる』というテーマでお話をいただきました。参加者は、経済産業省、中小機構、日本立地センター、自治体関係者あるいは個人的に地域創生、地域活性化に関わる方、学生など18名が集まりました。
話の内容は、斉藤さんが、熊本県多良木町に地域再生事業で地元にウィスキー蒸留所をつくろうという事業計画策定の一環で、この4月にスコッチウィスキーの本場スコットランドの蒸留所、設備業者、樽製造者、パブなど取材し聞き取った内容やそれに関連する多くの写真を織り交ぜながら、地元の地域資源を活かしながら如何にウィスキー蒸留所をつくっていくかといった内容であった。参加者は地域活性化に関してはもとより、ウィスキーに関心がある方々が多く、斉藤さんの話に熱心に耳を傾けていた。

続きを読む

2018年09月08日(土):第62回定例会 in 奈良県立大学/第18回INS in 関西

活動報告 /

20180917-001.jpg

62回目の定例会は、初めて奈良県での開催。奈良県立大学との共催により盛大に開催しました。
主催者挨拶に続き、興福寺執事長夛川 良俊氏による基調講演、4組の活動紹介を行った後、産学官民メンバー59組によるKNS定例会恒例の大規模プレゼンテーション大会を開催。全国各地から多種多様な分野に所属する産学官民メンバーが集結し、各々の活動等を報告していただきました。
 そして、本番の交流会では、「K=必ず、N=飲んで、S=騒ぐ会」の異名にふさわしく、190人上回る参加者で大いに異分野交流を楽しみました。
 二次会も60人を上回る参加者で、深夜まで奈良で大騒ぎ。有意義な土曜の夜となりました。

続きを読む

2018年09月07日(金):ミニ井戸端会議 Vol.96- 天満

活動報告

20180917-20180907.jpg

9月8日の定例会の前夜祭として、岩手県保副知事を囲んでミニ井戸端会議を開催しました。
保副知事とは、INSを通じて10年来の仲間、この度KNS定例会にお越し下さることになり、その前日にKNSメンバーを囲んで、じっくりお話をさせていただきました。
定例会前入りで岩手や新潟からの仲間とも熱い懇親、大いに盛り上がりました。

続きを読む

2018年08月23日(木):【関東支部】ミニ井戸端会議

活動報告

20180823.jpg

8月23日に、宮崎大学教授で九州支部世話人でもある吉田雅彦さんが上京するのに合わせて、関東支部ミニ井戸端会議を開催しました。
吉田さんは、経産省OB、関東経産局部長、中小機構理事、観光庁地域振興部長などを歴任し、現職です。
今回は、吉田さんとも相談して、最初から交流会形式で行いました。
参加者は総勢17名、KNS関東支部のメンバー以外にも、TAMA協会、全国空き家バンク推進機構、東京都、茅ヶ崎ローカルファースト研究所、中小機構などから多彩な仲間が参加し、大いに盛り上がりました。

日時:平成30年8月23日(水)18:30頃から適宜スタート、ほぼ揃ったところで乾杯
場所:ヒデズバー(新宿東口から徒歩7分ほど)

2018年08月12日(日):ミニ井戸端会議 Vol.95 - 天神橋

活動報告

20180813-20180812.jpg

九州・沖縄支部世話人の北嶋さんの来阪に際して、日曜日ながら大阪・天満でミニ井戸端会議を開催しました。参加者は5人と少なかったですが、台湾、中国、沖縄、ものづくり等の話題を中心に、互いにじっくりとお話しができ、有意義なひとときになりました。
 日時:2018年8月12日(日)19:30 - 22:30
 場所:鶏屋たちばな
    大阪市北区天神橋3-11-5 辻ビル1F
 内容:KNS九州・沖縄支部世話人 北嶋修氏を囲んで

2018年07月27日(金):コミュニティスポット2525 Vol.51

活動報告

秋山 秀行さん

阪神電鉄様のご協力で毎回ハービス大阪で実施しているコミュスポ2525の51回目は岡山から「日本一の駄菓子売り場」を運営されている秋山 秀行さんをお迎えして開催しました。

この度は駄菓子を食べながらのお話でした。

秋山さんは3月12日を「だがしの日」として記念日登録し、「だがしと笑顔の交換」をキャッチフレーズに精力的に活動されています。
この3月12日は世界中で争いのない日を目指されています。
「日本には奇跡のような、世界に誇れる “だがし文化”がある」が口ぐせです。 

なぜこのような活動にたどりついたのか。
秋山さんの生き方、会社の歴史、時代の流れを絡ませながら、熱いお話を聞くことができました。

続きを読む

2018年07月24日(火):【関東支部】ミニ井戸端会議

活動報告

20180808-2018072401.jpg

関東支部では、7月24日に東京岩本町にてミニ井戸端会議を開催いたしました。
話題提供者は「城ジオラマ」で地域を創生する二宮博志さんでした。

「城ラマ」あるいは「城ジオラマ」とは、城郭を地形まで含め1/1500で再現したジオラマのことを言います。
この城郭を地形まで含め再現したジオラマを復元、制作、販売をしている「城ジオラマ復元堂」を経営しているのが二宮さんです。
http://joukaku-fukugen.com/about/index.html

ミニ井戸端会議で二宮さんは、城郭を復元することの思いを「日本全国に過去に存在していた城のほとんどは、今、「城跡」となっているが、そこには間違いなく「歴史」が存在する。その埋もれてしまった「城」を復元し、そこで活躍した人物や歴史にも光を当てることで地域創生のお手伝いをしたい」と熱く語っていただきました。

続きを読む

2018年07月05日(木):【関東支部】ミニ井戸端会議

活動報告

集合写真

関東支部では、7月5日に東京の歓楽街のひとつ赤坂にてミニ井戸端会議を開催いたしました。
歓楽街赤坂で井戸端会議は近年なかったのではないでしょうか?
会場は、東北6県を応援することを目的に今年6月にオープンした「東北バル・トレジオン」さん。
関東支部世話人で、盛岡市役所東京事務所の及川所長の推薦のお店です。
「トレジオン」とは、イタリア語?で、トレが「3」、レジオンンが「陸」という意味、「三陸」を意味するそうです。
私自身が昨年まで三陸の復興支援の仕事をしていましたので、非常に懐かしくもあり、昨日は三陸の復興に向けて、料理とお酒を堪能し、少しばかりのおカネを落とすことを通じて応援させていただきました。

続きを読む

2018年07月02日(月):ミニ井戸端会議 Vol.94 - 扇町2

活動報告

20180707-20180702.jpg

摂南大学野長瀬裕二さん、大阪工業大学皆川健多郎さんを囲んで、ものづくり中小企業振興などのお話しで盛り上がりました。ものづくり中小企業の振興や技術開発等に関心がある仲間が集い、少人数ながらも中身の濃い話をじっくり行うことができました。

 日時:2018年7月2日(月)19:00 -
 場所:鶏家たちばな
    大阪市北区 天神橋 3-11-5
 内容:摂南大学 野長瀬裕二氏、大阪工業大学 皆川健多郎氏のお二人を囲んで
    ものづくり中小企業振興などなどについて

2018年06月29日(金):ミニ井戸端会議 Vol.93 - 天満

活動報告

集合写真

大阪大学大学院工学研究科森勇介さん、八戸工業大学高橋晋さん、科学技術振興機構(JST)佐藤利雄さんを囲んで、産学官連携の将来について語り合うミニ井戸端会議を、天満の中華料理「双龍居」にて開催しました。大学関係者や企業人、行政マンのほか、クリエイターも多数参加し、異分野コミュニケーションを楽しみました。

 日時:2018年6月29日(金)18:30 -
 場所:双龍居 天満駅前店
    大阪市北区浪花町1−24
 内容:大阪大学 森勇介氏/八戸工業大学 高橋晋氏/科学技術振興機構 佐藤利雄氏の3名を囲んで
    産学連携の将来について

続きを読む

«New || 1 | 2 | 3 |...| 59 | 60 | 61 || Past»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み