小野寺純治

小野寺純治
小野寺純治(おのでらじゅんじ)
1951年生まれのO型で今年還暦を迎えました。岩手県庁に25年間奉職した後、業務命令で岩手大学行きを命ぜられ、そのまま9年目に突入しています。
岩手大学では産学連携、地域連携を主に担当しておりますが、県庁時代に役人らしくない、大学にきてからは役人臭がする、といわれ、どちらにも馴れきれない中途半端な面も持っているようです。
3月11日に東日本大震災後に津波にあった三陸沿岸地域の自治体を回り、自分の中で何かが確かに変わった(ネジが1本抜け落ちただけかもしれませんが)気がしております。
革命(=イノベーション)は辺境の地から・・・頑張ろう岩手≠踏ん張ろう岩手⇒イノベーション岩手⇒イノベーション東北

■メンバーズコラム Vol.66 築130年の民家が体験してきた地震

メンバー紹介に戻る

このページの先頭へ

Copyright (C) 2011 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み