«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 |...| 49 | 50 | 51 || Next»

2012年02月01日:Vol.100 彦坂明宏

雪だるま型の社会構造はいかがでしょうか。

 はじめまして。大阪電気通信大学で産学連携コーディネータをしておりま
す彦坂明宏と申します。
 私は、ベンチャー時代に某大学の連携研究センターと某公設試にラボを構
えさせていただく等、それなりに良い思いをさせていただきました。それ以
前は古い企業にも属していましたし、大学のコーディネータとして逆の立場
を得れば、きっといい事ができるだろう!と楽観的に大志を抱いておりまし
た。が、力率ゼロの日々が続いたのは言うまでもありません。

彦坂明宏

続きを読む

2012年01月25日:Vol.99 安田耕三

いつでもチャレンジ、今を生きる!!

 甲南大学の安田です。このコラムも二回目、皆さんの記述に触発されて書
いています。
 元気でいる間は、体を動かすチャレンジをと思って、無謀にも大阪マラソ
ンにチャレンジしました。膝の痛みと腰の痛みを以前から持っていましたが、
なんとかなるだろうと楽観でした。酒を飲まない日を探しつつ、トレーニン
グを始めました。最初は10分間走るのが厳しかったけれど、息も慣れ、少
しずつ少しずつと走る距離を伸ばしました。9月頃からは休みの日に住宅街
を30分ほど走れるようになりました。10月末のマラソン当日に合わせて、
せめて20キロぐらいまでは走れるようにと思っていましたが、結果は15キ
ロが最大、そこまでで本番に突入しました。かなり難しいかなとは思いまし
たがあとはやるのみです。ダメなら途中棄権だと、走れるところまで走ろうと。

安田耕三

続きを読む

2012年01月18日:Vol.98 吉村哲郎

丹波篠山黒枝豆の美味しい食べ方

 はじめまして。吉村哲郎と申します。いきなりで恐縮ですが、皆さんは
「丹波篠山黒枝豆」という枝豆をご存知ですか?
 丹波篠山黒枝豆を口に含むと、大粒の豆から微かな塩味が感じられます。
豆を噛むと「ホロッ、ホロッ、ホロッ、ホロッ」とした軽い歯ごたえがあり
ます。歯ごたえと共に少し栗に似た甘味と栗にはない旨みとが際立ちます。
 今日はこの丹波篠山黒枝豆をどうすれば美味しく食べられるかについて紹
介させていただきます。どうかご一読下さい。

吉村哲郎

続きを読む

2012年01月11日:Vol.97 与那嶺学

今年、10年目を迎えるKNS

みなさん、あけましておめでとうございます! KNSの新年最初のコラムを
担当することになりました、協働研究所の与那嶺と申します。お忙しいなか、
少しの間お付き合いの程よろしくお願いいたします。

(1)サバ好きのエレジー
私は、大衆魚が好きです。イワシ、サバ、アジ、サンマなど。生で食べる
のも好きですが、焼いて食べることが好きです。大衆魚といえば“旬の時期
にたくさん獲れる魚”いうイメージがありますが、サバは近年ノルウェーか
らの輸入が激増しています。ノルウェーの脂の乗ったサバもたいへん美味し
いとは思いますが、少々高いですが国産のサバはまた格別です。そのサバも、
養殖が10年くらい前から始まっているそうです。

与那嶺学

続きを読む

2011年12月28日:Vol.96 小山庸子

メンバーズコラムデビュー!

はじめまして!大阪府ものづくり支援課の小山といいます。
KNSのコラム、いつも楽しく読ませていただいてます。まさか自分に回ってくるとは・・
これって、ご希望者だけが書いてはるのかと思ってました。
よろしくお願いします。

東大阪市荒本にありますクリエイション・コア東大阪内、MOBIO(ものづくり
ビジネスセンター大阪)で勤務しております。
はい。おこがましくも中小企業支援機関というヤツでございます。
今年の5月にKNSの定例会も開催させていただきましたので、ご存じの方も多いかと。

小山庸子

続きを読む

2011年12月21日:Vol.95 門田知久

いつでもどこでも、ちょっとした特技

みなさま、こんにちは。
今回初コラムさせていただきます、大阪産業創造館の門田と申します。
仕事にまつわる内容にしようと考えていたのですが、この4月から新しい仕
事をしており、またメンバーにしていただいてから日も浅いので、私自身を
少しでも覚えてもらえるよう、ちょっとした「特技」というか「得技」につ
いて書かせていただきたいと思います。

門田知久

続きを読む

2011年12月14日:Vol.94 上野雅弘

3S活動を通じて会社に変化が

 皆さんこんにちは。初めてコラムを書かせていただきますデジックの上野
と申します。今年1年弊社が取り組んできた3S活動を通じて会社が変わって
きたことを書かせていただきます。そもそも3S活動を始めた切っ掛けは、会
社の経営方針を立て計画を実践しているが、なかなか目標の結果を達成する
ことができず、どこに原因があるのか社員と一緒に問題を追及したところ、
問題を曖昧なままにしている社内の甘い体質が原因で、決めたことを必ずや
り抜く社風に変えないといつもと同じことになることに改めて社員と気付き、
もう一度原点に戻って3S活動に取組む決意を社員と一緒にしました。

上野雅弘

続きを読む

2011年12月07日:Vol.93 松原彩

電通大のファンに!!

みなさん、こんにちは。大阪電気通信大学の松原です。
主に地域連携、産学官連携に係る業務を行っています。

私が現在の部署に異動してきたのは、今から5年ほど前。
当時はまだ産学官民連携が何なのか、一体何をどうしたらいいのかも理解で
きないまま、目の前の仕事をこなすことで精一杯の日々を過ごしていました。

松原彩

続きを読む

2011年11月30日:Vol.92 和泉大輝

見て見ぬフリ

「家から最寄り駅まで歩くときにゴミ拾いをすること」、それが僕の日課です。
大阪は特にポイ捨てが多いですよね。毎日拾っていてもゴミは一向に減らない
し、むしろ増えてます。正直キリがないけど、それでもやることで清々しい
気持ちにもなるし、日課としてほぼ毎日続けています。日課という一つのこ
とからも色々な気付きがあります。色々な人もいます。

和泉大輝

続きを読む

2011年11月23日:Vol.91 小坂祐子

“面白いオトナが大学生協で飲む”会

■変態世界の匂い
 「あ、キミ、こんど面白いオトナが集まって大学生協で飲むっていう会が
あるねんけど、来るか?」
 初対面の人間にこんなことを言われたら、「いや、ちょっとこの人コワイ
わぁ」と引いてしまうか、「謎すぎてムリやし!」と心の中でツッコミを入
れつつ愛想笑いで「あはは、変わった飲み会ですねぇ」と適当にかわすのが
普通だろう。ところが、ワイン片手になかなか上品なヒゲをたくわえたその
おじ様の一言に、私はなぜか「あ、いいですね、行きます」と答えてしまっ
ていた。魔が差したというのか、その場の勢いというのか、いや違う、たぶ
ん匂ったのだと思う。

小坂祐子

続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 |...| 49 | 50 | 51 || Next»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み