«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 45 | 46 | 47 || Next»

2019年01月30日:Vol.446 瀬戸口恵美子

天王寺区上本町界隈で「SDGs」のための活動、はじめます。

皆さん、はじめまして。
公益財団法人 太平洋人材交流センター(PREX・「プレックス」)の瀬戸口恵美子です。初コラム、どうぞよろしくお願いします。
最初にPREXの紹介から。
「PREX」は、1990年に「関西の産官学の総意」で設立された財団で、主に途上国を対象とした研修事業と交流事業を行っています。その目的は、関西として途上国の発展に貢献することと、研修事業を通じて関西との人的交流を促進することです。
「産官学の総意」と書きましたが、具体的には当時関西に拠点のあった97社、関西の6自治体から、設立時に約36億円を基本財産として寄附頂きました。
現在は、年間30件程の日本での研修実施と、海外への専門家派遣、また研修「同窓生」のためのフォローアップ事業なども実施しています。

瀬戸口恵美子

続きを読む

2019年01月23日:Vol.445 辻諭

ごちそう泳ぐ大阪湾

KNSメンバーの皆さん、こんにちは。メンバーズコラムを初めて担当することになりました、岸和田市の辻です。

さて、岸和田と聞けば、あの熱い“だんじり祭”がまず頭に浮かぶことと思います。各町自慢のだんじりが曳行されますが、その中には漁師町も含まれていて、色鮮やかな大漁旗が登場するシーンも見ることもできます。実は、岸和田市は大阪府内で最も水揚げ高が多い漁業が盛んな街でもあります。今回のコラムでは、岸和田の漁業と大阪湾の海の幸についてご紹介したいと思います。

20190120-tsujikishiwada.jpg

続きを読む

2019年01月16日:Vol.444 辻和哉

人生100年時代に向けて眠っている能力にトライ!

KNSコラム初投稿の株式会社ヒューマンコンパスの辻 和哉と申します。まずは、自己紹介をいたします。
大阪体育大学を卒業し、高校教員を15年、この間に1991-1994阪神タイガースの合同自主トレ担当、世界ユース、世界ジュニア陸上日本代表トレーナー、その後ラグビー日本代表ヘッドトレーナー3年、専門学校講師5年、大学専任講師6年を経て、現在は健康、スポーツ、ICTをテーマにした株式会社ヒューマンコンパスを経営しています。
KNSには、昨年、モンゴルから帰国された増田さんにご紹介していただき、参加したのがきっかけでした。KNSのつながりの素晴らしさに毎回、驚き、楽しく参加させていただいております。

辻和哉

続きを読む

2019年01月09日:Vol.443 田宮康弘

ベトナム国家総合大学 ホーチミン学舎の紹介

みなさん、明けましておめでとうございます。東海支部の田宮と申します。
私は、2014年の10月末よりベトナムホーチミン市内の“ベトナム国家総合大学 社会科学・人文学部 ”のベトナム研究・ベトナム語学学科に留学していました。丸4年間ホーチミンで生活をし、併せて名古屋のマンションの家賃等々を支払う2重生活をすれば流石に財政がピンチとなり、今は名古屋で生活ができる程度の派遣社員としての生活をしております。皆様にお会いできる機会が少なくなっていましたが、来年度には定例会など積極的な参加をしたいと思います。宜しくお願いいたします。

20190110-tamiya01.jpg

続きを読む

2018年12月26日:Vol.442 村井仁

無意識の記憶

ストーブに火を入れると、思い出す。
灯油とリンシードオイルの匂いが混ざるアトリエ。
何本かの絵筆とペインティングナイフ。
歯磨き粉みたいなサイズの絵の具チューブ。
何時間も夢中で絵を描いていた学生時代は、もしかすると今より時間の豊潤さを理解できていたのかも知れない。

当時は日本でMacintoshが発売されてからまだ数年程度の昔。
学内にも数台のMac?があった程度で、僕ら学生のグラフィック・アートは当然ポスターカラーやアクリル絵の具での手作業が主流だった。
ケント紙を水張りしたA1パネルに、何度もイメージしたデザインを鉛筆で下書きする。
絵の具は絵皿に出し、スポイトで水を少しずつ加えながら指で優しく混ぜる。
これは絵の具の粒子の混ざりを直接感じられることに加え、筆と違って絵の具を泡立たせずに均一に混色するのに一番良い方法だった。

村井仁

続きを読む

2018年12月19日:Vol.441 池田良輔

師走に手帳を見返しながら思ったこと

KNSの皆さま、はじめまして。池田良輔と申します。
簡単に自己紹介をさせていただきますと、大学卒業後、司法研修所に入所して司法修習を経た後(修習53期)、2000年に弁護士登録をして今の職場(御堂筋法律事務所)へ入所し、現在に至っております(2006?2008年の2年間、中国上海に駐在し、中国語や中国での法律実務等の研修をしておりました。)。

社会人にとってスケジュール管理は必須の作業ですが、私自身のスケジュール管理は、職場で導入しているグループウェアへのスケジュール入力・管理のほか、手帳への記入といったアナログな方法を併用しています。

池田良輔

続きを読む

2018年12月12日:Vol.440 阿部伸彦

失われゆく昭和文化遺産を求めて

KNSメンバーの皆様へ。
今回コラム担当の阿部伸彦です。今回初めてのコラムになります。
まず自己紹介からさせていただきます。
大阪東住吉に生まれ・育ち、大学卒業後住友生命に入社して30年、全国転勤族なのですが、九州3年・東京3年以外は関西勤務、人生53年のうち45年を大阪で過ごした大阪大好き人間です。
1年半前から天王寺で勤務しておりますが、直前9年(H20-29年度)は法人支援部門に所属、弊社のお客さまである(1)大企業職団様の営業管理・活動促進等、(2)中小法人様支援としてセミナー・イベント・ビジネスマッチング等を担当しておりました。

20181210-abe.jpg

続きを読む

2018年12月05日:Vol.439 鍛島宗範

学生スポーツから学ぶことは多い!

KNSメンバーの皆様。
関西大学梅田キャンパスの鍛島宗範です。自己紹介からさせていただきます。
教育に携わる仕事に就きたいと考え、関西大学に入職しました。11年間キャリア支援に携わる仕事に従事し、現在は梅田キャンパスでスタートアップ支援コーディネーターをさせていただいております。仕事とは別に4歳から25歳まで現役で空手道を続け、大学卒業後は関西大学体育会空手道部のコーチを務めております。

鍛島宗範

続きを読む

2018年11月28日:Vol.438 土屋武大

二度目の海外赴任はベトナムで

0.はじめに
 ベトナムに赴任して早5カ月が経った。インドネシアに10年ほど前に赴任した経験と比較しての新鮮なところもある中、堂野所長からコラム記載の依頼をいただいた。日本にいながら海外を感じていただくためにご笑覧いただければと思う。

1.二度目の海外赴任
 薬学部出身であるのに経済産業省に入省したのは2002年。在ベトナム日本大使館(2007年5月?2011年6月)、内閣官房(2012年1月?2013年6月)、国土交通省(2017年7月?2018年6月)と他省庁への出向を多く経験してきた。特に、4年間のインドネシア大での海外に住むという経験は大変勉強になった。

岡山県美作市武蔵武道館前にて:中央が筆者

続きを読む

2018年11月21日:Vol.437 漁師明

『企業版事前復興』 南海大震災前に、企業を高台に移転させよう

 【高知工科大学大学院の起業家コース】をこの秋卒業した、 (株)リョウマまちづくり研究所の代表取締役で、まちづくりコンサルタントの漁師です。表題の研究テーマをネタに、コラムが欠けると思って、「コラム書きます」と言ったのですが、いざ書こうとしましたら、その『ほとんどは、市街地の大半が浸水する高知市独自の問題で、関西の皆様にはピンとこない』と言う事に、気が付き、真っ青になってしまいました。239頁の修士論文の中から、精一杯、共通項をピックアップしたつもりですが、関係のない方は、スルーして下さいませ。では、以下、私からの、『企業版事前復興のすすめ』の提案です。 (勝手ながら、文体は、「論文調」のままとさせて頂きました。) 

20181112-ryoushi.jpg

続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 45 | 46 | 47 || Next»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み