«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 60 | 61 | 62 || Next»

2022年04月13日:Vol.603 岡室俊之

コロナ禍で生まれた2つの変化

世話人の一人、岡室です。

早いもので、IT経営相談所として創業して3年が過ぎようとしています。
2019年2月末に前職を退職し、3ヶ月ほどの旅人期間(無職ともいう(笑))を経て
5月に立ち上げを決め、6月からスタートしました。
突然の退職で何も創業準備もしていなかったため、この時点で顧客0、見込み客0。
かなり不安なスタートでしたが、KNSの方始め様々な方とのご縁もあり
2019年の冬までに4社のお客様から顧問契約を頂き、3社の個別案件を頂くことが
出来ました。

岡室俊之

続きを読む

2022年04月06日:Vol.602 星乃勝

今、『観光』が大きく変化しようとしている!

かつての観光は団体旅行と団体ツアーが中心でした。これらは多くの観光客を集め、効率よく観光して、食事するという、効率中心の観光スタイルでした。これがコロナ禍で「密を避ける」観光へと変化することになり、訪れることの無かった地域にも観光客が訪れるように変化しました。
 それでもコロナ禍で観光客は激減し、観光業界は悲鳴をあげ、祭りや花火大会も中止になっています。

 熱海の花火大会の事例をご紹介します。

星乃勝

続きを読む

2022年03月30日:Vol.601 神牧智子

春の愉しみ

KNSの皆さん、こんにちは。コロナ禍で飲み会から長く遠ざかってしまっておりますが、待ちに待った春ですね。

私ごとですが、吹田の万博記念公園事務所から異動し、大阪府総務部統計課に着任してもうすぐ1年になろうかとしています。再び桜の季節になり、万博記念公園で勤務した日々を温かく思い出します。着任時は太陽の塔内部一般公開を始めたばかりの頃でひどく忙殺されていましたが、直営体制から指定管理者移行を遂げ、現在の万博記念公園は、園内の施設やイベント、お土産品等がどんどん充実しています。この春は、ぜひ「日本の桜百選」に選ばれている万博記念公園でお花見をお楽しみになってください。桜の次はチューリップ、ポピーと次々に花を愉しめます。

神牧智子

続きを読む

2022年03月23日:Vol.600 中塚一

襷を繋ぐ

KNSの活動にお声掛けいただき、参画させていただいてから十数年経つのかな?
私も昨年で還暦を迎え、所属している事務所では、現在、代表の役割を担っています。
前代表から5区(5代目)の襷を渡され、新型コロナ感染発生とほぼ同時の約2年間。
区間新記録は困難でも、この襷を及第点でも良いので、次の世代に必死になって繋いていくのが私の使命だと考え、懸命に走っています。
私達のような中小企業では、襷を繋いていくためには、個々が自律している必要があります。
自立と自律とは違います。
自立は、他者に頼ることなく物事を行えること。
自律は、自らの価値観や信念に基づき、ブレないで判断・行動すること。
自分の頭で考え、判断し、行動することで、結果についても自分で責任を持つ。
そして仕事や経営において、指示されたことだけをするのではなく、全員がそれぞれの役割に応じて自律していくことが大切であると考えます。

中塚一

続きを読む

2022年03月16日:Vol.599 坂野聡

新しい繁栄の時代と大阪・関西万博への期待

(はじめに)
ここ数年は、新型コロナウイルスとの厳しい闘いを余儀なくされました。一旦、収まったかとも思えた感染も、新たに報告されたオミクロン株の感染拡大とともに、再び、まん延防止特別措置が発令され、今日現在、未だ経済活動に制限が課せられています。

(円高不況とバブルの崩壊)
私が通商産業省に採用されたのが1985年。その年の9月に、ニューヨークのプラザホテルで、G5の大蔵大臣・財務長官と中央銀行総裁との会合が開催され、各国の外国為替市場の協調介入により、ドル高を是正し、米国の貿易赤字を削減することで合意されました。日本では、この「プラザ合意」後の急速な円高により、輸出型企業は大打撃を受けました。政府は数次にわたる経済対策を講じました。低金利政策は不動産の過剰流動性を招き、不動産バブルを引き起こすことにつながりました。

坂野聡

続きを読む

2022年03月09日:Vol.598 金澤健介

地方在住30代アナログ人間の私的DX?

東日本大震災から11年が経とうとしています。被災された皆様にお見舞いとお悔やみをあらためて申し上げますとともに、さらなる復興の推進に微力ながら引き続き協力してまいります。
 また、世界全体において、緊迫した状況が続いておりますが、一刻も早い安寧を心から切にお祈りしております。
 
 KNSの皆様、たいへんご無沙汰しております。
 盛岡市役所の金澤です。前回のコラム掲載が4年前でしたので、あらためて自己紹介しますと、今もなお変わらずに商工労働部ものづくり推進課立地創業支援室に所属し、産学官連携、企業誘致、創業支援を担当しています。この3月で担当5年目が過ぎようとしていますが、その間、ちょこちょことジョブローテーションがあり、平成29年度 - 30年度は岩手大学に派遣され、主に市内企業・団体と岩手大学との連携推進を担当、その後、市役所に戻り、令和元年度は主に産学官連携と企業誘致を担当(途中3ヶ月ほど、選挙管理委員会事務局の併任発令を受け、商業施設への期日前投票所の新規開設も担当)、令和2年度からは主に創業支援を担当しています。

金澤健介

続きを読む

2022年03月02日:Vol.597 神門英昭

ラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W大阪」開業1周年

 KNS会員の皆さま、ご無沙汰しております。私が携わったラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W大阪」が間もなく1周年を迎えます。2度目の投稿となる今回は、日本初上陸の「W大阪」に少し触れながら、近況報告をかねた投稿をさせてもらいます。
 まずは自己紹介がてらに、これまでのKNSとの関わりと従事した仕事について少し回想。KNSには2008年2月の第20回定例会in甲南大学からの参加となります。仕事のほうは積水ハウス株式会社の開発事業部でデベロッパー事業(不動産開発事業)の事業企画推進等に従事しています。これまでKNSでは共同事業で参画していた大阪駅北地区先行開発プロジェクト(グランフロント大阪)について、着工前の段階から定例会のプレゼン大会で開発テーマであった知的創造拠点「ナレッジキャピタル」の紹介をさせてもらったり、ナレッジキャピタルとは何か、どんなものものができるのかをPRするトライアルイベントやプレ開催していたナレッジサロンにKNSメンバーの方々に参加していただくなど、たくさん交流支援をいただきました。

神門英昭

続きを読む

2022年02月16日:Vol.596 神崎英徳

全国に広報を学び合う地域コミュニティをつくります

皆さん、こんにちは。
KNS世話人の1人、PRリンクの神崎です。

PRリンクはどんな会社かよくわからないと言われるのでまずは少し説明を。
PRリンクは、中小企業の広報活動をサポートする会社です。広報をサポートする会社=PR会社は大企業や自治体などをサポートしている会社がほとんどでメディアが多い東京に集中しています。

無形のものになかなかお金を出さないと言われる大阪で、かつお金に余裕がない中小企業専門の広報支援会社は成り立たないと創業当時はよく言われましたが、なんとか創業から15年目を迎えました。

神崎英徳

続きを読む

2022年02月09日:Vol.595 木村美加

ニューノーマルな生き方

KNSのコラムを書くのは、いつぶりか?
まったく記憶にないけど、こうして書かせていただける事に、「KNSとの繋がり」
が実感できて、なんだかとっても嬉しくなります。

この2年間は、KNSで逢いたい皆さんと会う事ができず。
そして、わたしの主たる仕事はイベント現場仕事だったので、ご多分に漏れずコロナ禍の影響をバリバリに受け、収入は激減。増えたのは、仕事のない土日休日。
しかし、それは悪いことばかりでなく、今まで家族と過ごせなかった時間を取れるようになりました。
「家族」と言っても子供ではなく、近くに住む高齢の父と母。
有難いことに、実家で高齢夫婦二人。何とか暮らしています。
私のこれまでは、平日は大学やセミナーなどの仕事。土日にはイベント仕事がぎっしりと詰まっていたので、近くに住んでいるにもかかわらずなかなか実家に行くことができないのが現実でした。

20220203-mika_kimura.jpg

続きを読む

2022年02月02日:Vol.594 長川勝勇

アレから丸二年。やりたいことの優先順位をつける話

皆様、こんにちは!お元気ですかー!!?

「大勢が一堂に集い・大いに語り合い・大騒ぎしながら飲む!」

「三密」とは正反対の「三大(さんおお?)」を特徴としてきたKNSの定例会が、
リアルに開催されていない辛さをかみしめながら日々を過ごしておりますが
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナが世界を変えてしまってから丸2年。
果たして私自身はどうだったか?

と、このコラムを書くにあたって、この2年を振り返ってみると、
世の中の自粛ムードにもかかわらず(?)オモロイ人と出会って
結果友達がどんどん増えて、その数だけやりたいことができて、
やりたいことの優先順位を付けるのに苦労している状況です。
いや、本当にありがたいことです。

ところで突然ですが皆さんに質問です。
皆さんが優先順位を付ける時は何を基準にしていますか?

これ、私の場合はその時の自分の状態による、という気がしています。

長川勝勇

続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 60 | 61 | 62 || Next»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み