2012年04月25日(水) Vol.112 村上晴美(アクシー株式会社)

新入社員を取るべきかいなか

こんにちは、名前は晴れてるのに雨女。アクシー株式会社 村上晴美です。

ワタクシ、ひとりぽっち会社をしております。
代表 兼 営業 兼 経理 兼 何でも屋 です。トイレ掃除だってします。

ひとりしかいない会社で困るのは、一度にさばける仕事の量に限界があること。
手は2本、目も2つ、頭だって1つしかありません。
たとえ手が10本あったとしても、出来ることは限られると思いますが。

村上晴美

そういうわけで、新入社員を取るべきかいなか、と2年ほど悩んでおります。(長っ!)
安定した経営状態ならいざ知らず、まだまだ発展途上の会社です。

ここで打って出るべきだ!というご助言もいただきますが、
石橋を叩き割る性格な上に「従業員を雇うなら、社長はこうあるべきだ!」
という姿に私はまだなっていないし。。。

そんな訳で今一つ踏みだす勇気がありません。

そんな石頭なワタクシ、新入社員を雇う予定もないのに、
思いあまって『若者のトリセツ』岩間夏樹(生産性出版) 
なんて本を読んでしまいました。
煮詰まってますね、はい。

若者はこんなことが気になるから、言っちゃいけない。

といった類の本だろうと思い手に取ったのですが、どっこい社会学の本でした。
ひゃー。これは手に負えない!と思いつつ読み進めてみたのですが、

時代とともに人の価値観もまた変化していく、そこへ従来通りの型に
当てはめた対応をしてはいけない、といったものでした。(たぶん。)

なるほど、そういえば私も新入社員時代「社会人とはこうあるべきだ」
といった暗黙のルールに戸惑ったことを思い出しましたよ。

ハタ。今まさに「新入社員を雇うなら・・・」と思ったところじゃないか!
私の石頭ーっ!o(>ω< )o

石頭な私はともかく、
「子供叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの」と同様
「若者叱るな過去の自分だ 年寄り笑うな未来の自分だ」ということでしょうか。
いつの時代も柔軟に生きたいと思いました。

おしまい。

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2012 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み