2012年02月29日(水) Vol.104 渡辺幸三(中国支部世話人/セイムファクトリ)

NHK“日本新生”に参加して学んだこと

NHK「日本新生?生み出せ!危機の時代のリーダー?」2012年1月21日(土)
19:30?22:13放送に一般人としてスタジオ参加しましたので、その際の裏話
と学んだことを皆様にシェアいたします。

1/16(月)収録。集合17時、本番18:30?、終了23時でした。長い1日でした。

襟には「ばら(福山市の花)ピンバッチ」、ジャケット左のボタン穴に「福山市
公式キャラクター:ローラ(ばらの妖精)」バッジをつけて参加。

渡辺幸三

発言回数が少なかった(本当はもう少し話したのですが、半分カット)わりに
司会の三宅アナウンサーの後ろに座ったので、ちょこちょこ画面に映っていま
した。ラッキーです!

1月21日の放送中は東京でマーケティングセミナーを受講していたのですが、
親戚、仕事関係、高校の同級生など、電話をいただいたり、メールをいただい
たり。

 親戚 「おい、こうちゃん、今、仕事、何やってるの?画面でよく見えない
     よ!」
 私  「産業コーデネーター、ということになっているんですが...」
 親戚 「そんな仕事があるんか!会社員じゃなかったんか。」

 知り合いからの電話「あ?、今、電話出るということは録画なんだ...」と。

仕事関係の方で北陸の温泉に奥様と一緒に行って、夕食食べて、テレビつけたら
「ナベが出てる!」と電話いただきました。

今回のNHK番組出演に関して、一番聞かれた質問です
「どうして広島にいるナベさんが、NHK全国放送に出れるんですか?」
「NHK広島局からの推薦?」「地域での活動が評価された?」
「余程すごいコネがあるんですか?」など、どうして出演できたかということ
なんです。

で、その経緯は以下の通り。
 (1)以前、NHKの番組に参加した会社員時代の後輩(東京在住)にデレクター
  さんから問い合わせがあり、「過去に会社勤めしていて、何らかの理由で
  辞め、今、別の活動をしている40?60歳」という問い合わせがあった
  (12月21日)
 (2)「良かったら、デレクターさんの相談に乗ってください」と後輩から連絡
  があり。(12月22日)気軽に「ああ、いいよ。相談に乗るくらいなら、
  お安い御用」と私。
 (3)デレクターさんからTELあり。約1時間半、やりとり。(12月23日)
   電話の後、「メール入れますので出来れば回答ください」と言われ、私は
  「3連休なので、じっくり考えてメール入れます」と。
 (4)年が明けて1月6日、デレクターさんからTEL。1時間半くらい話をする。
  この時点で「ナベさん、1月16日(月)東京のスタジオに来ることが出来
  ますか?」と打診あり。「せっかくの機会なので役所の仕事を振り替えて行
  きます!」と快諾。
 (5)そのあと、2度ほど(2日前、前日)に電話でやりとり。最終確認という
  ことで電話時間も結構、長かったです。

「出てください」と言われるまで、テレビに出ると思っていませんでした

?NHKの番組作りに協力したい。
?せっかくの機会なので、リーダーについて自分も考えをまとめたい。
この2点(貢献意識と自己満足)だけ、考えていました。
すごくシンプルに考え、一生懸命に取り組みました。

 番組討論で「小さなリーダー」とそれを「応援する人たち」の存在が重要で
あることが導き出されました。その際、KNSに参加する方々の顔が目に浮かび
ました。KNSこそ、「小さなリーダー」「応援者」の集まりであると思い、誇ら
しく思いました。

 番組では、発言の機会は少なかったですが、有識者、一般人とも、すごい経
歴のリーダーが揃っており、その中にいることが出来ただけでも大満足でした。
番組収録後、打ち上げが深夜2時半まで渋谷の焼肉屋で開催され、関係者、参
加者と本音の交流も出来ました。大変、良い経験をさせていただきました。
ナベが出ているので、「なんだ、広島ローカルの番組なんだ」と思った方もいら
っしゃいましたが、まぎれもない“全国放送、ゴールデンタイム!”
これからの活動にしっかり活かしていきたいと思います。御縁に感謝です。

フェイスブック http://www.facebook.com/kowa0315/
ブログ http://ameblo.jp/kowa0315/

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2012 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み