2022年09月14日(水) Vol.624 中川健太(堺市)

最近やっていること・考えていること

皆さんご無沙汰しております、堺市役所の中川です。
今回のコラムでは、仕事やプライベートで最近やっていることや考えていることを書かせて頂きたいと思います。
まず仕事では、5年間在籍していた泉北ニュータウンの再生担当の部署から2020年度の春に政策企画の部署に異動になり、スマートシティの担当をしています。スマートシティといっても分野が多岐にわたりますが、私は主にヘルスケア分野を担当し、健康・福祉・介護等の施策を企業や大学等の皆さんと公民連携で進めています(詳しくは以下のHPをご覧ください)。

●SMART SENBOKU PROJECT
https://smartcity-partners.osaka/ssp/

●SENBOKUスマートシティコンソーシアム 
https://senboku-smartcity.com/

中川健太

 入庁以来、調達部門→産業振興政策→ニュータウン政策→スマートシティと仕事をさせて頂いてきましたが、様々な政策分野に関わることができ、多くの学びがありました。と同時に、多くの市民や企業、大阪府や国の皆さんと一緒に仕事をさせて頂く中で、やはり自分は色んなステイクホルダーと時にはケンカをしながら、思い出を作りながらわいわい仕事をするのが一番好きだな、ということを感じています。
 この数年間、コロナ禍であまり飲み会もできず、リアルで膝を突き合わせて人と話す機会も減ったように思いますが、やはり腹の探り合いではなく、本音で話ができるのはリアルの場だなということを実感しています。それこそまさにKNSが大切にしている価値感だと思いますが、時代が変わり技術がどれだけ発達しても、人間が動物である限り、その部分は変わらないんじゃないかなということを考えている今日この頃です。
 KNSの皆さんにお会いする機会がめっきり減ったこの数年間でも、KNSの先輩方と仕事でご一緒する機会が何度もあり、楽しい時間を過ごさせて頂いています。KNSの目に見えないネットワークの価値はコロナ禍でも変わらず、木の根っこのようにしっかりとそこにあるんですね。
 ヘルスケアの仕事をしていると色々と情報が入ってきますので、健康のことを考える時がありますが、40代になり身近な友人やお世話になった方が亡くなられることも増え、自然と自分の健康にも意識がいくようになりましたし、有限の人生について考えることも増えました。
 プライベートでは2年ほど前から、小学生の息子が通う空手道場に通い出し、毎週末に汗をかいています。ずっと音楽好きの典型的な文系少年だったので身体が器用に動くわけではありませんが、ストレッチをしたりしながら取り組んでいます。今まで触れたことのなかった武道の世界では、一つのことに真摯に取り組まれ、立派な人格の先輩方も多いですし、奥の深さを感じています。KNSの先輩方はマラソンをされている方も多いですが、皆さんを見習って私も亀の歩みで空手を続けていきたいと思っています。
 そのほかでは、今年はプライベートで子どもの小学校のPTA役員やマンションの管理組合の役員等もしていますが、公務員として市民協働の仕事をしてきて、改めて今、逆の立場でまちづくりや子どもたちの成長に関わったり、色んなステイクホルダーと一つの目標に向かって物事を作り上げていくという経験はいい学びの時間だなと感じています。
 ということで徒然と近況報告を書きましたが、また元気に皆さんとお会いできることを楽しみにしています。引き続きお世話になりますが、よろしくお願いします!

写真は、夏休みに行った高知の桂浜にて。地方の自然の豊かさを満喫しました。

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2022 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み