2022年09月07日(水) Vol.623 福田晃(岩手県県土整備部下水環境課)

県職員として最後の年

皆さん、こんにちは! 岩手県職員の福田です。約5年半ぶりの投稿となります。
平成28年4月から30年3月までの2年間、岩手県大阪事務所で企業誘致、物産販路拡大、観光等に関する情報収集や紹介、関西における関係機関等との連絡調整など、「岩手のPR隊」として活動し、KNSの皆様にも大変お世話になりました。大阪から離れ4年半ほど経ちますが、その間コロナ渦の影響もあり、大阪に行けず悶々とする日々を過ごしています(笑)。
令和2年4月に県土整備部下水環境課へ異動し今年で3年目になります。初めての県土整備部で、下水道、浄化槽など汚水処理の整備、流域下水道の経営など、初めてのライフラインの仕事に携わっています。
私事で大変恐縮ですが、間もなく還暦を迎え岩手県職員としての生活もあと半年余りになるので、これまでの県職員生活を少し振り返ってみたいと思います。

福田晃

昭和61年4月岩手県職員に採用され、初任地が岩手の県南にある「水沢市」。高校まで住んでいた県北の軽米町から水沢市まで約170?もあり、大阪からだと岡山までの距離になるでしょうか。岩手はとても広く、今は亡き兄の車で水沢まで引っ越しをしたと記憶している。青春時代の5年間を過ごした水沢市は第二の故郷である。
水沢市は、平成18年に2市2町1村が合併し、今は奥州市になっているが、今では岩手が生んだ二刀流メジャーリーガー、大谷翔平選手の出身地ということで有名になっている。大谷翔平選手の奥州市民の先輩だと思うと、とても誇らしい気分になるのは自分だけはないでしょう(笑)。
また、古くは1,200年以上前の奈良時代、陸奥国胆沢(現在の奥州市)で朝廷と蝦夷との抗戦が続く中、蝦夷の頭領阿弖流為(アテルイ)と副将母禮(モレ)が征夷大将軍坂上田村麻呂公の勧めで休戦に応じ上京するが、田村麻呂公の嘆願むなしく斬首されたという歴史があり、この田村麻呂公開墓の京都・清水寺の境内に「アテルイ・モレの碑」が建立されている。毎年11月の第2土曜日にこの碑の前で顕彰と慰霊供養の法要が営まれており、私も大阪事務所当時この法要に参加させていただいた。
(参考)関西アテルイ・モレの会 http://iwate-kansai.com/aterui/

少し話がそれましたが、初任地の水沢から15回の転勤を重ね、この42年間で在任当時の部局でいうと、総務部が17年8か月と一番長く、保健福祉部9年、商工労働観光部6年のほか、林業水産部、県土整備部、地域振興部、生活環境部と、幅広い分野に携わってきました。県以外では、通信・放送機構(TAO)、のちの独立行政法人情報通信研究機構(NICT)の職員との併任、地方税電子化協議会への派遣、大阪事務所では北東北三県合同事務所だったので、青森県と秋田県の併任職員なども経験させていただいた。

今までの県職員生活で思い出は各職場でそれぞれありますが、やはり大阪事務所での2年間が印象深く残っています。
その一つが、県のアンテナショップ運営です。ちょうど私が大阪事務所に異動した平成28年4月、大阪市内のドージマ地下センターに青森と岩手の合同アンテナショップ「青森・岩手えぇもんショップ」を7月オープンという任務がありました。オープン準備からその後の運営まで、県職員ではなかなか体験することのできない業務をやらせていただきました。青森・岩手えぇもんショップでは、岩手のえぇもんを取り揃えていますので、関西・大阪の皆様、是非ご利用くださいませ!

 「青森・岩手えぇもんショップ」
  所在地:大阪市北区堂島一丁目 堂島地下街6号(ドージマ地下センター)
  TEL:06-6346-0888、FAX:06-6346-0889
  営業時間:午前11時?午後8時
  定休日:毎月第3日曜日(12月を除く)、年末年始
  ホームページ:http://www.eemonshop.jp/
  Twitter   :https://twitter.com/eemonshop

二つ目は、私が大阪事務所に在籍していた平成29年、大阪府からのガントリークレーンの無償譲渡が実現し、8月3日、大阪府庁において当時の松井大阪府知事と本県の達増知事が出席し贈呈式が行われ、私も同席させていただいたことです。(写真拙撮:大阪府堺泉北港から岩手県釜石港に移設されたガントリークレーン)

県のガントリークレーンの担当は県土整備部港湾課。同じ部内で私のいる課の隣の課、さらにその担当が大阪事務所時代の同僚でKNS東北支部世話人の高橋晃進さん。これも何かの運命でしょうか。

三つ目は、KNSの皆さんと知り合えたこと、これが一番の思い出、一生の財産!!

最後に、今年の正月に立てた目標が『目指せ10キロダイエット!』。任天堂スイッチのリングフィットアドベンチャーを昨年12月末から家族で始めて、途中ギックリ腰で3週間ほど休止期間がありましたが、今まで継続できています。数値目標にはまだ届きませんが、目標期間を来年3月の退職まで延長し、目標達成に向けて努力していきたいと思います。

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2022 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み