2021年09月15日(水) Vol.576 中島淳(株式会社140B)

バンパク!? 百億光年早いと思います。

めでたくない話で申し訳ないが、日本国内の新型コロナウイルスの死者は、東日本大震災の死者(15,899人)を上回ってしまった。9月13日時点で16,864人(感染者165万人)。感染した100人に1人は亡くなっている。47都道府県中最も多いのが、私たちが仕事したり生活したりしている大阪府の2,875人(同191,000人)だ。この数字は、東京都の2,678人(同367,000人)や神奈川県の1,190人(同163,000人)を上回ってダントツの1位である。
世界全体では2億人以上が感染して、455万人が亡くなっている。大阪の状況より悲惨なところを挙げればきりがないが、逆の例もあるはずだ。そこに何らかのヒントがあるかもしれない。「大阪府(882万人)より人口が多い国で、大阪府よりコロナ死者が少ない国」がどのくらいあるかを調べてみた。ちなみに、国名の後は「コロナ死者数/その国の人口」である。*は感染者数も大阪府を上回る国だ。上から死者数が多い順に並べてみた。

スーダン      2,837人/4,281万人
ナイジェリア*   2,619人/2億100万人
大韓民国*     2,360人/5,171万人
マラウイ      2,242人/1,863万人
シリア       2,083人/1,707万人
アラブ首長国連邦* 2,064人/977万人
カンボジア     2,049人/1,649万人
モザンビーク    1,894人/3,037万人
セネガル      1,833人/1,630万人
イエメン      1,604人/2,916万人
カメルーン     1,357人/2,588万人
アンゴラ      1,339人/3,183万人
ルワンダ      1,175人/1,263万人
ウズベキスタン   1,159人/3,358万人
オーストラリア   1,098人/2,536万人
ガーナ       1,098人/3,042万人
コンゴ民主共和国  1,053人/8,679万人
ソマリア      1,032人/1,544万人
マダガスカル    958人/2,697万人
台湾        839人/2,357万人
ハイチ       591人/1,126万人
マリ        543人/1,966万人
コートジボワール  520人/2,572万人
ギニア       368人/1,277万人
ニジェール     200人/2,331万人
チャド       174人/1,595万人
ブルキナ・ファソ   171人/2,032万人
ベナン       141人/1,180万人
タジキスタン    125人/932万人
南スーダン     120人/1,106万人
タンザニア     50人/5,801万人
ブルンジ      38人/1,153万人
ドミニカ      6人/1,074万人

 5カ国ぐらいかなと思ったら、なんと33カ国もあった。世界はほんまに広い。東アジアから中東まで、アフリカも中米もオセアニアもある。逆に北米や南米、ヨーロッパは全滅だ。そのあたりが、コロナ対策ではもはや「先進国」
とは言えない状況になっていて、日本も悪い意味でその「先進国」の仲間入りしつつある。
「欧米の主要国に比べたら、日本は感染者も死者も圧倒的に少ないがな」「アフリカ諸国が多いけど、国土の大きさがぜんぜんちゃうぞ」
 ……と言いたい気持ちは分かるが、「下見て暮らせ」と言われてもなぁ、である。もう脳味噌を入れ替えて考える時期ではなかろうか。

 気になるのは、4年後に迫った「大阪・関西万博」である。テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。サブテーマがまた洒落ている。「いのちを救う」「いのちに力を与える」「いのちをつなぐ」である。コロナ死者数日本国内ダントツ1位の地域がやるイベントか? しかも「自宅療養」という名のコロナ感染患者の「置き去り」「見殺し」は依然として現在進行中だ。
前述した、アジア・アフリカ・オセアニアの感染死者を抑えている諸国の人から見たら、「そんなことやってるヒマがあるんなら、感染して亡くなる人の数を抑えるのが先なんとちゃいます?」と言われるのがオチだと思う。
別に万博なんかやらなくても、どんな立場の人間でも病気したらちゃんと入院できて、ちゃんとした教育が受けられて、はたらいた分の給料で最低限の生活が楽しめたら、世の中は自然に「元気」になるし、景気も勝手に上向くはず。機嫌のええ人が増えれば、大阪の魅力は自然にアップするはずだ。「いらんこと言い」も含めて、大阪は宣伝広報マンが多いのだから。

明治から昭和にかけて、大阪が急激に工業化、近代化していく過程で、さまざまな社会のひずみが生じた。その時に行政からも民間からも、自然に「貧困と病苦をなくせ」「自然災害から地元を守れ」「貧しい子供にもまともな教育を受けささなアカン」と有名無名の人間が奮闘して自主的に社会をアップデートしていった。職業訓練もする感化院をつくるとか、淀川を太くして別な場所に付け替えるとか、民生委員を創設するとかである。大阪の近現代史は松下幸之助や吉本せい、安藤百福など有名人の「サクセスストーリー」だけでなく、社会全体の「底上げ」に汗を流す人間がいたから発展してきたことをいまのエラいさんたちはもういっぺん学んでほしいと思う。

コロナ患者が毎日毎日無念の死を迎えている中で、「感染阻止」をことさらアピールせなアカン大阪府知事が相も変わらず「EXPO2025」のユニホームでテレビに出ているのはどうなん? 「何人死のうと万博だけは絶対やるぞ!」とはまさか思っていないだろうし、ノリでもええから「コロナ撲滅」のシャツに着替えて出ろよ、と側近は言うたってほしい。
多くの人はもう分かっているはずだろうが、どんだけ頑張ってもあの夢洲の会場に2,800万人は来るわけがない。たぶんその半分が関の山だろう。あの万博に2,800万人も来るのなら南港はもっとにぎわった街になっているだろうし、USJには年間3,000万人が来場していることだろう。あの動員目標はほとんど「願望」の域を出ない。
このコロナはまだ「出口」が見えていない。どころか、世界的な乱開発のせいでいろんなウイルスが寝た子を起こすように登場し、私たちの生活は不断に脅かされている。加えて自然災害の脅威もある。万博が決まる2か月前、2018年9月の台風21号では関空がほんまの意味で「孤島」となり、南港に駐車していたクルマが突風で飛ばされ、夢洲も水浸しになった。万博の最中だったら「大惨事」では済まない。
そんなこんなの「現実」に1日も早く目を覚まして、バンパクをさっさと返上させなアカンと思っている。
「私どもは、2025年に大阪・関西万博を予定していましたが、大阪の医療体制があまりにも脆弱で、多くの感染者に満足な治療を施すことなく死に至らしめてしまいました。この結果を重く受け止め、『いのち輝く未来社会のデザイン』を本当の意味で実現させるために、中止するに至った次第でございます。なお、万博の目玉企画として予定していた『空飛ぶクルマ』は、渋滞時でも患者を医療機関に移送するための手段として転用することにいたしました」
 こんな声明を発表したら、大阪は世界中の医療関係者からきっと尊敬されると思う。
 KNSでお会いする心優しき大阪府・大阪市の公務員のみなさんに「万博のチケット買うてくれませんか?」みたいなことを絶対にさせてはアカンと思っている。いまならまだ間に合う。

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2021 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み