2020年04月15日(水) Vol.506 領家誠(生駒市地域活力創生部)

53歳の転職

この3月末をもって、33年間、勤めた大阪府を退職し、4月1日から、生駒市役所に転職しました。
 役所の間では、転職というより、派遣や交流など人事異動の一環が一般的ですが、私の場合は、完全に辞めての転職になります。
 生駒市では、「官民プロ人材公募」ということで7つのポストの公募を行っていました。その中の「地域活力創生部の部長」のポストに応募をして採用されました。全体でも1,025人の応募があり、私のポストだけでも222人という高倍率でした。
 私の担当は、市民活動推進、商工・観光、農業、SDGs・環境政策、ICT、施設も市民活動センターである「ららポート」とコワーキング×テレワーク×インキュ施設の「イコマド」、竹林園を所管しています。

領家誠

 転職にあたっては、相当悩みましたが、公募で示された職務が、これまでの私のキャリアが活かせるかもしれないというのと、産業振興を通じたまちづくりは、私のライフワークでもありました。
 なにより、エコノミックガーデニングの実践ができるかもしれないというイメージも沸き、飛び込んでみることにしました。
 大阪府に在職中は、内外の諸先輩、同僚のみさん、そして大阪の企業のみなさんには、ほんとうにお世話になりました。感謝しかありません。 

 さて、転職は、府庁に入る前に4カ月ほど働いていた旧郵政省の貯金事務センターから大阪府に転職した以来、実質初めてになります。
 4月1日、新規採用職員とともに大会議室に集められ、市長の訓示を受けます。その後、私は、市長室で皆とは別に個別に辞令交付を受けて、その後、すぐ、自席にて、部下の辞令交付、部課長会、理事者・部長会に出席しました。
 他の採用者は、二日に分けて、新採研修があり、市役所のこと、市政のことを学ぶのですが、私には、研修がありません。もう、いきなり実務です。これって、ほとんど、人事異動?というような感じです。とはいえ、やはりカルチャーもシステムも違うので、新鮮な体験をしています。少し、紹介したいと思います。

■久しぶりの「ハンコ」事務
 大阪府では電子決済で、総務事務もすべてシステムでしたので、ハンコは、ほとんど出番がありませんが、生駒市は、紙決裁、総務周りも紙手続きのため、ハンコ押しが復活しています。もう、20年以上ぶりかもしれません。「保険証ができましたので、ハンコ持って取りに来てください。」ハンコもって、取りに行くというのもなんか新鮮でした。

■サイボウズ
 市役所内の職員間のメールやスケジュール等は、すべてサイボウズです。私、まったく使ったことなくで、面食らっています。さきほどのとおり、研修もなくて、使い方が、わからんがな。。。でも、皆、二言目には「サイボウズで」ということで、直感で使ってますが、確認洩れがないかドキドキしています。

■昼休み1時間
 大阪府も45分でしたので、1時間の昼休みはいいですね。正確に言うと、いいだろうなあと。というのも、着任して、コロナ対策や市長ミーティングなどもあり、昼休みも資料を作っているので、まだ、1時間を味わったことはありません(悲)

■勤務時間8時半 - 17時15分
 大阪府では、コロナの関係で、10時出勤でしたので、1時間半、始業が早くなり、通勤時間も30分伸びましたので、2時間程度、朝、早くなっています。朝ランの時間がとれないのが、悩ましいところですが、これは、私にあっているような気がします。午前にしっかり仕事できます。ただ、これも昼休み同様、まだ、17時15分を味わったことがありません。毎晩、残業です。

 というようなことで、環境が変わったなあという部分ととはいえ、同じ役所、自治体ということで、変わらない部分もありで、自然に慣れていくような気がしています。関わってくれている職員のみなは、アウェー感なく受け入れてくれているので、一安心しています。そして、若い職員も多いので、楽しみです。
 生駒市にきて、1週間。コロナ対策会議や事業レクなど連日あるなか、実働5日で、コロナの飲食店向けの対策で、2つの事業をリリースしました。即断、即決、即実施でやりましたが、市長や部下である商工・ICT、広報とも一体感もって進めることができました。やはり、組織が機動的だなと思いました。ぜひ、生駒近隣に在住の方、遠方の元生駒市民や生駒に関係する皆様も「さきめしいこま」は寄付枠で参加できますのでよろしくご活用ください!
 
▼[さきめし」を利用した飲食店支援プロジェクト開始「さきめしいこま」
https://www.city.ikoma.lg.jp/0000021391.html
▼生駒の飲食店を応援する「#いこま応援ごはん」を実施
https://www.city.ikoma.lg.jp/0000021392.html

 最後に、本来ですと、奈良県内の産業支援機関へのご挨拶や企業訪問などもしたいところですが、大阪からの越境通勤ということもあり、自粛しています。 コロナ終息後は、外回りに勤しみたいと思います。
 では、KNSのみなさん、生駒市の領家となりましたが、生駒市ともども引き続き、よろしくお願いします。
※写真は、奈良テレビさんのHPより。初の記者会見でした。

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2020 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み