2019年10月09日(水) Vol.480 長坂泰之(流通科学大学商学部)

やっと余裕ができてきた大学の先生1年生

横浜から神戸に移り住んで半年が経った。恐らくこの半年は余裕がないと思っていたので、神戸に来てすぐにメンバーズコラムを書くことは難しいと思い、この時期に投稿の申し込みをさせていただいた。案の定、中小企業基盤整備機構(中小機構)を退職し、4月から神戸にある流通科学大学(写真)で仕事し始めたこの半年間は全く余裕のない生活だった。今日はこの半年間のことを中心に話をさせていただきたいと思う。
10年ちょっと前に異動で関西に来てKNSと初めて出会い、東日本大震災発生と同時に東京に戻り、中小機構で震災復興支援の担当になった。今でも月に1回程度被災地に足を運ぶ機会をいただいている。

長坂泰之

東日本大震災の震災復興の仕事は、震災から1ケ月後に福島市内の流通団地の復旧の支援から始まった。1ケ月半後には津波被災地の陸前高田市に入った。陸前高田は貸付先の被災状況を確認するために入ったのだが、「陸前高田で会うべき方はいるだろうか」とKNSメンバーの吉田真二さんに相談して、キーマンにお会いすることができた。一方で被災市街地の復興まちづくりの議論も始まりつつあったが、津波被災地では防潮堤の高さ、土地の嵩上げの議論が先で、産業復興や商業集積の形成の仕事はそのあとの仕事であった。ところが、偶然にも震災の1ケ月後に出版した拙著「中心市街地活性化のツボ」を国土交通省の都市計画課長が読んでいて、「国土交通省と中小機構と組んで商業集積復興の支援に入らないか」という話が舞い込んだ。驚いた私は、やはり偶然にも、当時経済産業省から中小機構に出向していて私のボスであったKNSメンバーの吉田雅彦さんに相談し、国土交通省との連携が実現した。ところが、である。防潮堤のことも嵩上げのことも私にはとんとわからない。それではということで50歳になってから都市計画系の大学院に行くことになったのである。話は長くなったが、この大学院に行ったことで被災地の商業集積形成に関する修士論文を書き、それが結果的に転職する最低条件を満たしたことになる。様々なご縁で生かされていると改めて思う。
 さて、ここからが本題の大学での半年間である。大学の仕事は前職の時代に非常勤講師を3年ほど経験して、教育に関してはそれなりに自信があった。しかし、その自信が、思い込みとなることもある。一例をあげると非常勤講師の時は、平均すると30人程度の講義だったので学生の理解度を把握しフォローができた。具体的には、毎回A4版のレポート用紙にぎっしりレポートを書いてもらい、内容をチェックしてコメントをつけて翌週に返すということを繰り返していた。そのほうが学生の理解も進み、学生の成長が手に取るようにわかる。その感覚で、中小機構で仕事をする傍ら4月からの講義の準備に取り掛かった。さて、4月に蓋を開けてみると、なんと学生が5倍から10倍いる。講義が終わり、レポートをチェックし、コメントを書くがやってもやっても終わらない。結局、毎週夜なべをしてレポートのチェックをした。恐ろしく多くの時間をこの作業に費やしたが、レポートを通じて大きく成長したと実感できる学生が多数いて、その面ではお役に立てたと思っている(ただし、今後も同じようにしていては老体に響く)。
とにかく学生は自分の子供のようにかわいい(かわいくない大人をたくさん見過ぎたせいかもしれないが・・・)。そして学生と接することを通じて私自身もさらに自分が若返っているのが実感できているのがとても嬉しい(これ以上若返ってどうするかという質問にはお答えしかねる)。一方で、夜なべをした結果、好きなテニスができず、これは大いにストレスになりつつあるので、現在どうするか思案中である。
それとは別に、嬉しいことに、大学での仕事とは別に地域に出向く機会をいただいている。この半年だけでも、INSの本拠地である岩手県の宮古市、山田町、大船渡市、筑前高田市をはじめ、気仙沼市、南三陸町、女川町、名取市、岡崎市、多治見市、大津市、守山市、京都市、大阪市、堺市、生駒市(写真:小紫生駒市長と久保田元陸前高田副市長と)、奈良市、田辺市、神戸市、周南市、宇部市、雲南市、長崎市、奄美市にお邪魔させていただいた。また、海外には研究やプライベートで、スコットランド、イングランド、タイバンコク、韓国ソウルに行くことができた。神戸に来る前も様々な地域に行く機会をいただいていたが、これからもさらに多くの地域に足を運び、微力ながら地域を元気にすることができたらこれ以上の幸せはない。こんな私を家族はマグロと言っている。KNSの皆様におかれましては、当分関西におりますので、これからもこんなマグロをどうぞご贔屓に(笑)
最後に、またお役に立てておりませんが、4月からKNS本部の世話人をしています。それからKNS前KNS関東支部世話人として。来月2019年11月9にKNS in東京大学が関東支部主催で行われます。ぜひとも知り合いにお声がけいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2019 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み