2019年10月02日(水) Vol.479 小笠原徳(岩手県政策地域部交通政策室)

「産学官民コミュニティ全国大会?新潟」に参加して

KNSの皆さん、こんにちは。東北支部の小笠原徳(岩手県庁)です。
4月から政策地域部交通政策室でいわて花巻空港の利用促進を担当しています。
4回目の投稿となる今回は、8月31日(土)に新潟で開催された「産学官民コミュニティ全国大会」に参加してきましたので、その感想を書いてみました。

※全国大会の概要は、新潟大学の東瀬先生がメンバーズコラムで紹介しています。
 2019年08月21日(水) Vol.473 東瀬朗(新潟大学)
 「8/31は新潟で交流を!全国大会直前情報」
 http://www.kns.gr.jp/column/2056.html

息子の進学を機に昨年度から何度か新潟に足を運ぶようになり、そうした中で今年度の産学官民コミュニティ全国大会が新潟で開催されると聞き、これも「めぐりあわせ」と都合よく受け止め、早いうちから新潟行きを予定していました。全国大会への参加は、2年前に大阪「味園」で開催された第11回大会以来です。

小笠原徳

 普段は、車で6-7時間かけて新潟へ行くのですが、交流会で盛り上がった翌日の体調(きっと二日酔い)を考え、今回は新幹線と高速バスを乗り継いで行きました。
その日はとても気持ち良い天気でしたので、新潟駅から徒歩でぶらぶらと萬代橋を渡り、古町通にある会場の「i-MEDIA 国際映像メディア専門学校 実習棟」へ。この学校では、映画館を改装し、本格的な環境で映像業界のことが学べるそうで、これまで参加した全国大会の会場の中では一風変わった空間でした。

 新潟大学の阿部副学長のご挨拶により全国大会が開会し、続いて東北大学NICHe客員教授の西澤先生が「Small iとしての地域エコシステム構築:サステナブルな産学官コミュニティづくりを目指して」と題して基調講演をされ、その中でINSが地域エコシステムの先行モデルとして紹介されました。「いつも飲んで騒ぐ会」だと思って参加しているINSですが、西澤先生のお話を聞き、よく知らないまま参加している自分が恥ずかしくなりました。

次に各地から、関西地域から関西ネットワークシステム、岩手地域から岩手ネットワークシステム、四国地域から土佐まるごと社中、九州地域からMANGOの活動報告がありました。私が特に関わりの深いKNSでは、世話人の岡室さんが「必ず飲んで騒ぐ会、飲み会の回数は989回」(8月31日時点)と活動状況を紹介されましたが、立ち上がりの頃は自分も結構参加したなぁ、、、

新潟地域の活動紹介では、新潟ネットワークシステム、新潟県立大学、お米アドバイザー、新潟大学の活動が紹介され、最初の新潟ネットワークでは、活動を継続する難しさをお話されていましたが、やはり皆さん同じ課題に苦労されているんですね、、、
活動紹介の後は、7つのグループに分かれての「井戸端会議」。私は、神戸市役所の平山さんとともに、グループ5のファシリテーターを務めさせていただきました。KNSではお馴染みの「井戸端会議」ですが、参加された皆さんは最初戸惑っていたものの、気軽にトークを楽しめるスタイルとわかってからは、どんどんお話をされるようになりました。
 意外だったのは、東瀬先生から新潟にはKNSのような活動基盤がないと伺っていましたが、若い自治体の方々が組織を超えて様々な活動をされていること。こうした活動が繋がりながら広がっていくと新潟も益々面白くなりそうですね。

その後、会場をホテルイタリア軒の「ゴンドリーナ」に移し、ここからが本番の大交流会。ここは、日本でも最初の本格的西洋レストランだそうで、最上階(だったかな)から見渡す新潟の街並みはとても素晴らしいものでした。
今回も、KNSの皆さんと旧交を温めるとともに、新たな出会いもあり、新潟の酒を飲みながら楽しいひと時でした。
今回の全国大会参加にはもう一つ目的があり、それは、昨年度から新潟大学でお世話になっている息子に産学官民コミュニティを紹介することでした。
KNSが発足した時、私は岩手県大阪事務所に勤務しており、家族と一緒に大阪に住んでいました。INS=岩手とのことで、発起人&世話人を仰せつかることになり、KNSのイベントにはよく参加し、もちろん必ず飲んで帰っていましたので、当時3歳だった息子は、しょっちゅう酔っ払って帰る私のことを見ていた(あるいは寝ていたかも)と思います。

その息子は最近、いろいろな職業の方が参加する交流会や活動に関心を示しているようなので、全国大会に誘ったところ、「なんか知らないけど参加してみる」との返事があり、東瀬先生にお願いし、運営側のお手伝い(受付だけですが)を体験させていただくとともに、一緒に全国大会に参加しました。
交流会では、皆さんからいろいろなアドバイスやバイトまで紹介!?していただき、お陰様で「めちゃくちゃ楽しかった!また参加したい!!」と興奮気味に話していました。
そんなこんなで、あっという間の新潟ツアーでしたが、親子での産学官民コミュニティ交流会参加が叶い、とても貴重な時間を過ごさせていただきました。
東瀬先生、お世話になりましてありがとうございました。

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2019 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み