2019年02月20日(水) Vol.449 松村裕史(株式会社マチック・デザイン)

個人的なマラソンのメリット・デメリット

私はマラソンを始めて5年になります。初めたきっかけは2014年の大阪マラソンに当選したことでした。なんとか約6時間かけてゴールしましたが、足が痛すぎて最寄り駅まで歩くことができなかったのを覚えています。その後、大会に出るごとにタイムが速くなり2年後には4時間4分で走ることができ、「よしもっと行ける!」と自分の可能性を信じて挑戦しています。しかし、その後はベストタイムを更新できず伸び悩んでいる状況です。今回、コラムの執筆のご指名をいただきましたので、この5年間のマラソンを通して感じた、個人的なメリット・デメリットを書きたいと思います。

20190220-matsumura.jpg

メリットは、大きく普段の総合・練習・大会で分けました。
まず「総合」ですが、
●ガニマタが改善!・・・仕事柄デスクワークが多いせいか脚力不足で、シューズの踵が半端なく擦り減るぐらいのガニマタでした。それがランニング時につま先や膝を真っすぐ前に出すことによって、歩行時でもガニマタが改善されてきたのです。
●お腹に割れ目が!・・・やはりダイエット効果は凄いです!週に2 - 3回走ることを続けると必ず痩せます。昔買って履けなくなったジーンズだって履けるようになりました。
●姿勢が良くなった!・・・走る時に猫背や前屈みになると、太ももに負担がかかりしんどくなります。しかし姿勢をまっすぐにする事で楽に走れるようになり、普段の生活や仕事での姿勢も良くなってきました。
●基礎代謝は20歳!・・・50歳を越える私ですが、体重計が基礎代謝は20歳だとメッセージしてくれます。体は軽快になり容姿も若返った気分になります。
●糖尿病になっていない!・・・親兄弟の皆さんが、若くして糖尿病になっているのでいずれは私もなるだろうと思っていましたが、まだ大丈夫です!
●生活のリズムが良くなった!・・・業種的(デザイン)に夜遅くまで仕事することが多く生活リズムがバラバラでしたが、週に2 - 3回の練習を入れることで、仕事にも生活にも計画性が出てリズム良くなりました。

そして「練習」、
●どこでもどんな時間でも練習ができる!・・・施設に行かなくても、空いてる時間や好きな場所で自由に練習ができます。また開放的な公園で練習すると心身ともにリラックスできます。
●お金がかからない!・・・財布と相談しなくてすみます。走りに行く時の所持金はいつもドリンク代の300円です。
●感謝される!・・・これは私が観光スポットの大阪城公園を練習場所にしていることもありますが、「駅はどちらですか?」「イベント会場は?」などよく道を尋ねられます。案内を終えると「足を止めてくださって、ありがとうございます!」と感謝してもらえます。こちらまで嬉しくなります。
●月1回の練習会!・・・こちらはあえて付け加えますが、マラソン練習は普段1人で走るので孤独です。その孤独があるからこそ月1回だけの仲間で走る練習会がとても有意義で楽しみなのです。

さらに「大会」では、
●メダルがもらえる!・・・マラソンは何が楽しい?と聞かれると、一番にメダルをかけてもらえる事だと私は言います。「がんばりましたね!完走おめでとうございます!」と言って、メダルをかけてくれるんですよ。今まで走って疲れている顔が笑顔になる瞬間です。普段の生活でメダルをかけてもらえることってなかなかないですよね。
●注目をあびる!・・・特にゴール付近では、「あと少し - 頑張れ - 」と大声援が飛び交うのですが、たぶん知り合いにエールを送っているのでしょう。ですが、皆が私を応援してくれていると思え励みになります。
●応援してくれる!・・・他府県の大会に行くととても感じるのは人の温かさです。沿道から見知らぬ私に大声でエールを送ってくれるのです。また足が痛く道端でへたばる私に、他のランナーが自分も辛いのに「頑張ろう!もうすぐだ!」と励ましてもくれます。
●仲間ができる!・・・マラソンは基本的に1人で走りますが、たまに同じペースで走られている初対面の方と話しながら走る時があります。その方に違う大会で偶然にあったりするとマラソン話に花が咲きます。
●ビールが格別に旨い!・・・汗をかいて喉が渇いた時に飲むビールの旨さだけでなく、しんどい思いをした達成感が加わるので、ビールの旨さは格別です。

あと、デメリットですが、考え方を変えればメリットになります。
●足の故障が多い!・・・タイムを縮めようと無理をするので、足に負担がかかり痛めることが多いです。早く治したいがために整形外科などに行くことが多くなるのも大変です。痛くなる原因を究明し解決できれば、体幹のしっかりした体が作れるメリットはあります。
●時間が必要!・・・今日練習したからと言って、明日の大会で完走できるスポーツではなく、マラソンはそれなりに走り込みが必要です。月間で50キロ - 200キロほど走ります。個人差はありますが10キロを走るのにかかる時間は約1時間、前後の準備やシャワー・ストレッチなどの時間を入れると1回の練習で2時間は必要です。月間10キロを10回走れば月20時間が必要になってくる計算です。
●変人扱いされる!・・・今にも雪が降りそうな寒い夜に走っていると、すれ違う人に呆れた顔をされたり、頭おかしいんちゃうと暴言を吐かれたことも。。。
●精神的に追いつめられる!・・・スポーツの中でもマラソンは、かなりしんどいスポーツだと思っています。精神的にもかなり追いつめられます。だから苦労に打ち勝つメンタルが鍛えられるのかもしれません。

といった感じでしょうか。マラソンはしんどくて辛い時が多々ありますが、今の自分を超えたいから続けているのかもしれません。これからも怪我なく楽しく走り続けたいと思います。

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2019 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み