2018年09月12日(水) Vol.427 高橋晃進(釜石市ラグビーワールドカップ2019推進本部事務局)

ラグビーワールドカップ2019™岩手・釜石開催の成功に向けて

東北支部世話人の高橋晃進です。この3月まで岩手県大阪事務所に在籍し、4月から岩手に戻り、釜石市役所で勤務しています。KNS世話人の皆様をはじめ、メンバーの皆様におかれましては、大阪事務所在任中たいへんお世話になりました。
大阪でKNSに参加することができ、これまでの価値観が変わるほどの素晴らしい出会いと経験をすることができました。本当にありがとうございました。
私は現在、釜石市役所の「ラグビーワールドカップ2019推進本部事務局」において、世界三大スポーツ大会でありアジアで初めて開催されるラグビーワールドカップ(以下「RWC」)の、岩手県・釜石市会場の準備作業を担当しており、大会成功に向けチャレンジを続けている毎日です。

高橋晃進

釜石市は、数十年前に新日鐵釜石ラグビー部が日本ラグビーフットボール選手権大会でV7を達成して以来「ラグビーのまち」として国内外に広く認知されるようになり、最近では、新日鐵釜石ラグビー部の後継チームで現在トップチャレンジリーグの「釜石シーウェイブスRFC」の応援活動等を中心とした、ラグビーを通じた地域振興を進めていましたが、日本でRWCを開催することが決定してからは、東日本大震災津波からの復興の象徴として、また、地域の子ども達の未来への希望のため、その誘致活動を推進し3年前に釜石での開催が決定したところです。

○釜石市RWC・PR動画「Kamaishi is a fantastic rugby town」(YouTube)
  https://www.youtube.com/watch?v=rcDBeutlI6Q
○釜石市RWC・PR動画「進め!ラグビー精神で」(YouTube)
  https://www.youtube.com/watch?v=CZ9ei81UYqA

 今年7月末に完成したRWC試合会場の「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」(写真)がある鵜住居地区は、釜石市内でも甚大な津波被害のあった地域です。
 被害を受けて近くの高台に移転した鵜住居小学校と釜石東中学校の跡地にスタジアムを建設し、去る8月19日にスタジアムのオープニングイベントを開催したところです。

○【必見】釜石鵜住居復興スタジアムオープニングDAYキックオフ宣言「未来への船出」(YouTube)
  https://www.youtube.com/watch?v=AO_aQ5FSucE
○オープニングイベントの様子(釜石市ホームページ)
  http://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/shokai/rugby_city/detail/1218743_3208.html

釜石は東日本大震災津波の被災地で唯一のラグビーワールドカップ開催地のため、復興のためご支援を頂いた国内・海外の皆様への御礼をはじめ、三陸の復興状況を広く発信する絶好の機会と捉えています。
RWC開催都市である大阪・神戸をはじめ、関西の皆様と一緒にRWCを盛り上げていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします!

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み