2018年02月07日(水) Vol.398 領家誠(大阪府健康医療部)

「わかっちゃいるけど、やめられない&やれない?」行動変容のススメ!

本年度4月から、11年在籍した商工労働部を離れ、古巣の健康医療部に戻ってきました。
この11年間は、「酒とタバコと交流会」ということで、体重は増え、お腹周りは、すっかりメタボ基準に。人間ドックの結果も「★の王子様」状態で大腸ポリープ精密検査も初めて経験。
また、よろけてぐねった程度で骨折、階段でつまずきも多く、体力低下も顕著に。
酒に至っては、ブラックアウト、乗り越しを頻発。うちの保健所の節酒プログラムによれば、ブラックアウトは問題飲酒のワーストレベルで、その下には「死」の文字が。。

領家誠

「このままいったら、ヤバイなあ。。」と禁煙、節酒、運動せな。。“わかっちゃいるけど、やめられない&やれない”が続いていました。
そんな中、うちの部署では、今年度、健康医療にかかる8本の計画の一斉改定時期。診療報酬改定や介護保険計画の改定も重なり「惑星直列」の年と言われています。
私の課では、「医療費適正化計画」の作成担当。しかも総務課長ですので、年度当初から、この8本の計画改定の幹部レクチャーを毎日のように浴び続けていました。

その医療費適正化について、すこし紹介しますと、大阪の一人あたりの医療費水準は高いほうから全国18位ですが、これは平均年齢が若いというということで、75歳以上の方が加入する後期高齢者医療保険の年齢調整後でみると全国4位になります。
そんな中、大阪では、働く世代の生活習慣病の受療率が低く、未治療者も多い一方で、高齢になってから生活習慣病にかかり医療費が高くついている状況。それでいて、特定健診や特定保健指導、がん検診の受診率が全国最低レベル。このため若い世代、働く世代からの健康づくり、予防対策が重要なんですね。そこでキーワードとなるのが「行動変容」わかっちゃいるけど行動に移せない人をどう行動させるか。つまり、私のこと。。

それで、私はというと。ダイエットしようと、食事には、ここ数年気遣っていました。朝は、野菜ジュースとサプリ、納豆、ヨーグルト&グラノーラ。昼は、500gタッパに野菜を詰め込み、400gの弁当箱に150gのごはんとゆで卵、おかず2品。これが定番。
しかし、これだけでは、体重が減らず、加えて、この4月から職場が南港から谷町四丁目に変わって通勤での歩く距離も少なくなったことも重なり、逆に体重は増加傾向に。
たばこは、相変わらずの1日1箱ペース。お酒も毎晩で、外で呑む時は渾身会でとことん呑む始末。。

そこで、まずは、禁煙。アイコスに変えてから、1日に吸う量が激減していて、「なんかやめれそう」ということで意外にすんなりこちらは6月から禁煙。
次に運動。ジムに行く時間もないし、お金もかからないので「朝、走るか」ということで、7月1日からランニングを開始。最初は、2?3kmくらいで、走っては歩きの状態。しかも毎日と思っていて、早晩、骨折した左足首を痛めてしまう。
「故障して走れなくなると何してるこっちゃないなあ」と思い、いろいろ情報収集してみると、速く走っても脂肪は燃えない。それより、年齢で計算して一定の心拍数で走る「心拍RUN」なるものが効果的だとわかり、これなら、無理せず行けそうと、早速、手首で心拍数の測れる時計タイプの活動量計を購入しました。
また、毎日走るのもやめて、2日走って1日休みくらいのペースに変更。そうすることで、じわじわ距離も伸び、今では、20kmくらい走れるようになり、平日朝、7km前後、土日で、10km?20kmくらいまで走れるようになってきました。
そして、お酒。9月から摂取プログラムを援用して、?週二日の休肝日、?家では二合前後、?外で飲むと時はお酒と水を交互の三点を実践。

そして、どうなっているか11月に久々の献血に行き検査結果を見ると、なんと、★は一つ。戻ることのないと思っていた肝臓のγ-GTPも基準値内に。職場に出張にきていた生保さんのイベントで測ってもらった血管年齢は38歳(実年齢51歳)と好成績!
お腹周りはかなり落ちて、ズボンのウェストもワンサイズ低下で、服のサイズもMサイズでいけるようになってきました。
しかし、体重は、じわじわで、7か月で、4kg程度。目標まで、あと5kg。停滞期は、必ずやってくるんですね。ここは無理に運動量を増やしたり、食事を減らしても意味がないそうで、じっくり構えたいと思います。。

やってみて「行動変容」は、やはり意味があります。生活全体のリズムが変わります。
 ・タバコを止めると時間が増える
 ・時間が増えると早起きになり、走れるようになる
 ・走るのがおもしろくなると早寝になる
 ・早寝するために、速く帰宅するよう仕事を効率的に済ませるようになる
 ・早寝するために、2次会に行く回数が減る
 ・走るために天気予報をまめに見るようになる
 ・天気に合わせて、飲み会を入れるようになる
 ・体重が減ると、体が軽くなりよく歩くようになる 
 ・走りながら音楽をたくさん聞けるようになる etc

健康診断の数値も向上し、今のところは、好循環!
わかっちゃいるけどやめられない皆様、行動変容をおススメします!!

メンバーズコラム一覧

このページの先頭へ

Copyright (C) 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 大阪大学 e-square 兼松研究室内

会員規則 これまでの歩み