«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 || Next»

2018年08月08日:Vol.423 大熊謙治

私のセカンドライフ?人生は二幕目がおもしろい - 単線型から複線型の人生へ -

東支部世話人の大熊です。このコラムの執筆は、今回が4回目。前回は何と5年前の私の59歳の誕生日その日でした。私は現在64歳。あと1年で所謂高齢者と呼ばれる65歳になります。しかし、今公私と見にとても充実した生活を送っています。
今回は、「私のセカンドライフ?人生は二幕目がおもしろい」というタイトルで、これまでの人生を振り返って、私の第二の人生をについて少し語らせて頂きます(前回コラムと若干重複する部分もございます)。
1980年8月、大学院博士課程を中退し、大蔵省(現財務省)所管のシンクタンク(当時は、財団法人)に就職したのが、私の社会人としてのスタートでした。
仕事は、主として通商産業省(現経済産業省)資源エネルギー庁、中小企業庁及び関連機関から受託調査研究でエネルギー、技術開発、中小事業振興等の政策調査研究を約30年一筋に従事してきました。言わば、それまでの人生は単線型人生であったと言えます。

大熊謙治

続きを読む

2018年08月01日:Vol.422 宇田忠司

シェアとコラボをとらえる

 およそ3年半ぶり2回目のコラム執筆です。前回も触れましたが,主に,コワーキングスペースに代表される共有・共創型ワークスペースにおける協同の生成・展開について調査・研究しています。
 2012年に設立された国内初の産官学連携によるコワーキング支援組織「札幌コワーキングサポーターズ」への参画をきっかけに,研究を本格的にスタートしてから6年あまり,同僚でもある阿部智和先生との調査研究プロジェクトの開始から5年あまりが経過しました。その間,海外はもちろん国内でもコワーキングは随分と浸透し,関係者をめぐる状況も大きく変わってきています。今回のコラムでは,本プロジェクトの概要や現時点での成果の一端をご紹介します。

宇田忠司

続きを読む

2018年07月25日:Vol.421 稲垣京輔

パリのカフェ雑感

 法政大学の稲垣です。皆様、大変ご無沙汰いたしております。久しぶりにコラムの執筆を担当させていただきますが、こうやって筆をとりながら、日本語で文章をかける喜びに浸っているところでございます。
 私、実は今年の3月より、本務校より2年間の在外研究期間をいただき、フランスのパリに住んでおります。パリ市街に沿って南東部に位置するブローニュビヤンクールという街にありますESSCA École de Managementというビジネススクールで、客員教授という肩書きで所属しております。昨年より、同校のパートナーとともに新たな研究プロジェクトを立ち上げ、今年から本格的に進めることになりました。テーマは、デザイナーと伝統産業の間での協働がどのように成立し展開しているかについてです。

稲垣京輔

続きを読む

2018年07月18日:Vol.420 福美江津子

クロスロードゲーム

KNSメンバーの皆さんこんにちは。
川西市役所の福美です。コラムは2回目になります。
先月の大阪北部を震源とする地震、また西日本豪雨で被災された皆様にお見舞い申し上げます。川西市でも豪雨においては31カ所の避難所開設や運営を行っており、私の所属する教育委員会では、その各地区避難所の運営を総括することになっていたため、現在少々バテ気味です。まとまりのない文面になるかもしれませんがよろしくお願いします。

突然ですが、皆さんは「クロスロード」ってご存知ですか? 

福美江津子

続きを読む

2018年07月11日:Vol.419 岡室俊之

危機が教えてくれる自分の姿

世話人の一人、岡室です。久々にコラムを担当させて頂きます。

社内研修のアイスプレークで「私の危機一髪」と言うテーマを取り上げることがあります。「私の危機一髪」は今生きているのであれば、基本的に必ずハッピーエンドで終わるし、何かしらの波乱があって面白いからです。でも、その割になかなか話す機会はないんですよね。
なので、あえてそんなお話をしたいと思います。

皆さんは「私の危機一髪」と言ったらどんなことを思い浮かべますか?

過去を振り返ってみると幾つか思い出すと思います。今回、僕が経験した漁船から落ちて死にかけたお話をしたいと思います。

岡室俊之

続きを読む

2018年07月04日:Vol.418 小山庸子

深い!・・かも? 楳図かずお「漂流教室」にハマりました!

KNSのみなさん!こんにちは。
今回は、楳図かずお「漂流教室」(漫画ですよ?)について、つらつらお話させてもらます。新聞のオススメ書籍欄に出てたのをみっけまして。(後で聞いたら昔、少年サンデー?で連載されてたらしいですが)楳図かずおは何気に好きでしたが、これは知らんなと思って、早速kindleで購入。全6巻もんなんですけど、もう2日程で読破でした。
感動に浸ってるところ、TV観てたら、モンストのキャンペーンCMで、いきなりコラボってるし。あまりのタイムリーになんか、あたしって持ってる?みたいな勘違いも・・

小山庸子

続きを読む

2018年06月27日:Vol.417 北林功

ミラノ・ロンドンで感じた日本の地場産業の可能性

2回目のコラム執筆となります、COS KYOTO株式会社の北林です。おかげさまで弊社は2013年4月の設立以来、5周年を迎えることができ、先日は弊社オフィスにて謝恩パーティを開催することができました。多くの方々に祝って頂き、本当に人のご縁で生かされているということを感じ、感謝の思いでいっぱいになりました。ありがとうございます。
さて、5周年記念パーティの前に4月にミラノデザインウィーク、5月にロンドンクラフトウィークに出展するという、弊社として大きな出来事がありました。弊社では「MoonShine materials」というブランド名で日本の地場産業の素材・技術を、主に海外のインテリア関係の市場へ紹介・販売する事業を昨年より開始しました。ミラノデザインウィークは街中をあげて行われる世界最大のデザインの祭典です。私たちは現地の方のお力も頂き、現地の富裕層向けインテリアテキスタイルのショールームの一部で西陣織の技術を用いた生地素材を展示・紹介する取り組みをしてきました。ロンドンクラフトウィークでは、NOBUホテルのロビーにて、京都府の事業の一環として京都の工芸を紹介する取り組みをしてきました。

北林功

続きを読む

2018年06月20日:Vol.416 木村美加

うどん県 やっぱり香川はうどんやけん!

 うどん県(香川県)民、KNS四国支部の木村美加です。
 さて、早速みなさんに質問です。
みなさんは、うどん屋さんでどんなメニューを注文しますか?
きつねうどん。かけうどん。わかめうどん。カレーうどん。鍋やきうどんEtc…。
いろいろあると思いますが、今回のコラムでは「うどん県のうどん」をご紹介をさせていただきたいと思います。
 まず、うどん県のうどん屋さん定番の種類豊富なメニューを。
?かけうどん…これは、もっともポピュラーなうどん。うどんに、香川県産のイリコの
だし汁をたっぷりかけていただきます。お店によってだし汁には個性あり。シンプルで
あっさりと、二日酔いの翌日にお奨めです。

木村美加

続きを読む

2018年06月13日:Vol.415 山下大輝

肌荒れと経営

株式会社Magicalの山下です。
今回で2回目のKNSコラムですが、今回は僕の精神状態と交えて、
4期目-5期目について書きたいと思います。

2014年創業から今年の5月で5期目を迎えました。
僕が頭を取り4人で創業した会社も今では7人に増え、
昔よりは少し賑やかになりました。

毎日が楽しく、忙しく、クライアントや周りの方々にも恵まれ、
怒ってる時も、皆んなで笑っている時なんかもあって、
このメンバーで会社を立ち上げて良かったなと、心の底から思います。

山下大輝

続きを読む

2018年06月06日:Vol.414 坂野聡

東京にて

15年ぶりに東京で働いています。「転勤はあるのですか」とはよく聞かれる質問の一つですが、「この歳では、ないですよ」と普通に答えていたぐらい予想もしていなかったので、びっくり仰天の出来事です。
しかし、3度目の東京とならば、何か必然とも言える意味があるに違いないと目下、模索中です。

最初の東京はバブルのころ。その時に「平成」が始まりました。1月7日の昭和天皇崩御の日は午後から皇居外苑に出掛けました。まだ職場は完全週休2日ではなく、土曜日は隔週で出勤していた時代です。二重橋前の玉砂利の上で正座をし、皇居を見据える男性が1人。その後ろには警察官が立っています。何かするのではと見守っているのでしょう。

坂野聡

続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 || Next»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学商学部 西村研究室内

会員規則 これまでの歩み