«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 38 | 39 | 40 || Next»

2018年01月17日:Vol.395 平山知明

「耐震で安心 TAIAN PROJECT」のおはなし

1.はじめに
本稿が掲載される今日は、あの日から23回目の1月17日を迎えます。
今回は、大地震を現役の公務員として経験した者として、現在、地震に関連した業務、住宅の耐震化促進に担っている者として、皆さんに知っていただくと良いなと思うことを中心にお話したいと思います。

2.すまいの耐震化のススメ
1995年(平成7年)1月17日(火曜)午前5時46分、阪神・淡路大震災によって、そこにあったくらしと共に多くの生命が一瞬にして失われました。

平山知明

続きを読む

2018年01月10日:Vol.394 神崎英徳

人の出会いに恵まれ、創業から10周年

皆さん、こんにちは。
KNS世話人の1人、PRリンクの神崎です。
PRリンクは明日、1月11日に創業から丸10年を迎えます。
10年間はあっという間でしたが、振り返ってみると
今のPRリンクがあるのは、人の出会いのおかげだと実感します。

創業初期のメビック時代
PRリンクは創業直後に、まだ旧水道局にあった「メビック」に入居しました。堂野さんや増見さん、長川さんに定期面談をしてもらいながら、「税金で運営している施設なので、3年で独り立ちできないのであればすぐに退所するように」と何度も言われました。また年に一度の入所企業成果報告会では、事業内容ではなく、起業家としての生き様をプレゼンするようにと言われ、何のためにこの事業をやっているのかを繰り返し意識することで、創業の原点を忘れずに事業を続けることができました。同時期に入所していたデザインエイドの北條さんなど、メビックで出会ったクリエイターと協業することで、少ない人数の会社でも伝える力を高めることができました。

メビックで開催した5周年パーティの集合写真

続きを読む

2017年12月27日:Vol.393 武村智司

日本に最も近いロシア「サハリン」の魅力

みなさま こんにちは KNSの世話人のひとり 滋賀県の武村です。
旅シリーズ、第3弾です。
2年ごとにアジアや近隣の国々を巡っており、「ウズベキスタン」、「ミャンマー」に続き、昨年に「サハリン」を訪れましたので、その一部をご紹介します。
サハリン(樺太)は、ロシアの極東地域で、北海道宗谷岬の北方約50kmに位置しており、形は違いますが面積では北海道と同じぐらいの大きさです。北海道とサハリン間は宗谷海峡を挟んで約50キロと、約1時間のフライトで到着できるので、日本から一番近いロシアといえます。
人口は約52万人と、北海道のおよそ1/10で、中心都市であるユジノサハリンスク(旧・豊原)市には、約18万人が住んでいます。

武村智司

続きを読む

2017年12月20日:Vol.392 長野泰幸

間違いなく父親からのDNAメッセージはモノづくりでした!!

KNSメンバーの皆様、こんにちは。株式会社大成モナックの長野と申します。
この度はコラム執筆の機会をいただきありがとうございます。
自己紹介も兼ねまして日々なにをしているのかこの場をお借りし紹介させて頂きます。
生まれは和歌山県のすさみ町というところです、海と山と町並み少々の大自然ど真中の完全なる田舎環境(いい所です)、高校まではここで育ちました。その後建築を学ぶために大坂の学校へ、そこを卒業してそのまま建物の設計や現場監督を経験しながら頑張っていたのですが、ん?何かおもしろさが見つからず、すこし寄り道してしまいます、、、

長野泰幸

続きを読む

2017年12月13日:Vol.391 田中宏和

人と人とのつながりを大切に

世話人の廣田さんに紹介していただき、何度か参加させていただいた後、メンバーにしていただきました、大阪府羽曳野市在住の株式会社みのりの里 田中宏和です。
文書を書くのは苦手ですが、機会をいただきましたので拙い文書ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
私は1970年生まれで、生まれた時、内反足(足首の関節の異常で、足の裏が内側を向いて外側部だけが地についているような状態)でした。

田中宏和

続きを読む

2017年12月06日:Vol.390 石嶺一樹

実は沖縄がルーツな自己紹介と今後の決意表明

KNSメンバーの皆さま、お世話になります。今年の9月からメンバーに入れていただきました、公益財団法人 大阪市都市型産業振興センターの石嶺一樹(イシミネカズキ)です。
初コラムは自己紹介を中心にさせていただきたいと思いますのでよろしければご覧ください。
メーリングリストの自己紹介とも重複いたしますが、“石嶺”という名字は沖縄由来の名字です。私自身は大阪生まれ、大阪育ち、生粋の大阪人ですが、両親が沖縄出身の為、顔の濃さだけはその血を引き継いでおりますので、次回の交流会時は是非この顔の濃さをご確認していただければ幸いです。父親は今帰仁(なきじん)村出身で、沖縄の北部に位置しています。暑いのが嫌いな父のおかげで、帰省するのはもっぱら正月で沖縄らしいことを経験せず、何もわからないまま大人になりました。ですので沖縄のことについてはあまり聞かないでください。本当になにもわからないので・・・。

石嶺一樹

続きを読む

2017年11月29日:Vol.389 星エリ

関西とのつながりとニューメキシコのご紹介

KNSの皆さま。こんにちは。米国のニューメキシコ大学技術移転兼産学連携事務所(STC.UNM)にて国際連携マネージャーとして西宮に駐在しております星エリと申します。この度は、KNSのメンバーに加えていただきありがとうございます!もともと東京出身で、カナダのバンクーバーに一年語学留学し、その後、アメリカのニューメキシコ州にあるニューメキシコ大学院に留学し、Master of Public Administration(MPA)を取得し、その後今の仕事について約10年がたち、昨年日本駐在という形で帰国しました。東京に戻るか迷ったのですが、関西のパートナー大学(大阪府立大学と関西学院大学など)が多いことと関西の大学の学生さんと触れ合い、起業家気質でのりがよく楽しい生徒や先生ばかりに出会えて、関西に住むことにしました。どんどんネットワークも拡がり、ありがたいことに今ではKNSにも所属させていただけております。さて、ここでは、私が10年住んでいて今でもお仕事しているニューメキシコについてご紹介させていただければと思います。

星エリ

続きを読む

2017年11月22日:Vol.388 山本英夫

KNS第59回定例会in京都大学で秋の京都と大学祭を楽しもう!!

みなさま、京都市役所の山本です。以前、コラムを書かせていただいた時も締め切り過ぎての入稿でしたが、今回もまた、過ぎてしまいました、すいません。
コラムを書かせていただくタイミングで恒例の「KNS定例会in京都」の開催となるので、今回は宣伝モードで書かせていただきます。
毎年、12月のKNS定例会は『京都』が定番となりつつあります(と言っても3年前の京都造形大学からですが、、)。今回は12月で開催できる会場の調整がつかず11月となりましたが、まあ、許容範囲ということでお許しください。

山本英夫

続きを読む

2017年11月15日:Vol.387 漁師明

自己紹介と、KNSとの関わり

 9月の大阪での産学官民コミュニティ全国大会は、前夜祭も含め、まっこと楽しかったですね??(^o^)/11月25日の京都大学での定例会にも是非参加したかったのですが、昨年秋から通っている高知工科大学大学院の、《研究論文の集中プレゼン大会》とブッキングしてしまい、まっこと残念ながら、今回は参加出来ません((+_+)) ご盛況を祈念致します
 9月の大阪での産学官民コミュニティ全国大会で、『来年は高知で!』とのご指名を受けましたので、早速、TMS(土佐まるごと社中)世話人を中心として、準備活動を開始しており、全国大会に向けたキックオフミーティング(実行委員会立上げ)を、「TMS定例会 & KNS in四国」の位置づけも兼ねて、11月11日に開催致しました。

漁師明

続きを読む

2017年11月08日:Vol.386 稲垣敦子

外資系企業で働くおばちゃん奮闘記

KNSの皆さま、こんにちは。インターナップ・ジャパン株式会社の稲垣です。
メビック扇町の堂野さんにご縁が有りKNSに参加させて頂いて早10年近く経ちました。

先ずは簡単な自己紹介から…
大阪市東成区下町に生まれ、実家は散髪屋を営んでおり、長女ですが御幼少の頃は虚弱体質で一人遊びの好きな不思議ちゃんやったそうです。
現在では態度も体躯も年々BIGになりつつ(苦笑) 立派な大阪のおばちゃんに成長し、身体も至って丈夫で出産以外で入院した事はあらしません。

孫が4人(小学校1年生男子・幼稚園年中女子・年少男子双子)同居中なので騒がしい毎日を過ごしています。
最近の日課は孫達とiPadで見る、YouTube。

20171102-inagakiatsuko.jpg

続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 38 | 39 | 40 || Next»

このページの先頭へ

Copyright (C) 2003 - 2018 Kansai Network System. All Rights Reserved.
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 大阪大学 e-square 兼松研究室内

会員規則 これまでの歩み